ナルコスの登場人物とゆかいな仲間たち

最新情報配信中★ナルコスシリーズ/Netflixオリジナル映画/ディズニー ヴィランズ/スターウォーズ ・クローンウォーズ・反乱者たち・マンダロリアン/MCU・X−MEN/and more!★対極な無数の一をひとつなぎに観る事で、問題解決。円環構造で無数につながる数百名超のキャラクター・映画を紹介。

ワニの日に観たい!話題の【ワニ映画】おすすめ5選+α【2020年版】

今大注目のワニ映画は新時代のホラーアイコン

「何でワニ映画?」「ワニ映画って面白いの?」「サメの方がよくね?」って思っていませんか?ぼくもそう思っていました。でも実はかなり面白い!そう思わせてくれたのは、2019年公開の【クロール ―凶暴領域―】。そこからは、ワニらしく、沼に引きずりこまれるように、はまってしまった。8月2日がワニの日なので、本当に面白い、古今東西の【ワニ映画】を集めてみた。

 

目次

サメ映画はインフレ状態ワニ映画は供給不足

 

ワニ映画クロール凶暴領域

※画像の引用元:IMDb公式サイトより

(以下同様)

 

偉大なジョーズに代表されるサメ映画は、

もちろん今観ても面白いし、

コレまで多くのサメ映画が量産されていた。

 

しかし、モンスター映画の定番化

になり過ぎてしまって、

さすがにもう供給飽和状態で

フレッシュさが薄れているし、

敷居が高くなってしまった。

 

一方で、ワニ映画はどうか。

完全に供給が足りていない、

ブルーオーシャン市場。

 

その証拠に、

ちょっと思い浮かべて欲しい。

 

サメ映画といえば、、、

ジョーズはシリーズで4まであるし、

ジョーズシリーズ以外にも、

ディープ・ブルー

ロスト・バケーション、

海底47m

MEG ザ・モンスターなど

割とパッと出てくる。

 

では、ワニ映画はどうだろうか?

ワニ映画って何かあったけ?

という状態の人が多いのでは。

(日本では100日後に死ぬワニのが有名)

 

はたまたタイトルを聞いても、

「いやわかんねー」とか、

「観てねぇし」って

人がほとんどのはず。

そこで登場したのが、

「クロール―凶暴領域―」だ。 

 

ワニ映画はこれからもっともっと面白くなる

  

「クロール―凶暴領域―」を観て思ったのは、

こんなにおもしろいのになぜワニ映画って

有名ではないのか?

 

その要因の1つは、いっけん地味だから。

 

サメと違って、

ワニに襲われても死ななそうとか、

人食いワニなんていなくね?

とか。

 

サメのインパクトが大きいので、

サメと比べると、負が悪いのは確か。

 

恐竜ではないので、そんなに巨大な種もいないし。

 

だからこそ、作り手の手腕がハッキリ問われる。

 

サメ映画はブランド力があるから、面白くなりやすい。

 

一方、ワニ映画では、認知度が低く、

ワニ単体ではややインパクトに欠けるので、

しっかりとした状況下を作り出し、

ホラー演出が出来なければ、

面白くなりづらいと言える。

 

例えば、冒頭のクロール ―凶暴領域―。

 

ネタバレになってしまうので、

詳しくは書けないが、

巨大ハリケーンが接近し、

洪水だらけになってしまった街で、、、。

 

 という設定に張り巡らされた、

様々な仕掛けのホラー演出が行き届いていて、

決してワニ頼みになっていない。

 

けど、ワニの恐怖は十分に伝わるから面白い!

 

つまり、ホラー作家の真価が問われる、

新ジャンルだと言える。

 

古今東西ワニ映画5選+α

 

そんな認知度が低いけど、

本当は面白いワニ映画に

スポットを当てるべく、

まずはワニ映画オススメの入門編として、

5選+αをご紹介(ネタバレなし)。

 

ワニ映画はディープな世界なので、

ソフトそのものが入手困難だったり、

鑑賞自体がむずかしいものがある。

 

でも、面白いものが多いので、

ワニ映画ブームが広がって

もっとワニ映画が観やすい環境に

なればいいのにって思っている。

 

ここで紹介するワニ映画がきっかけで、

もっともっとワニ映画が世界に

ひろがってくれれば、

こんなに嬉しいことはない。

 

※リンクの引用元:MIHOシネマ公式サイトより 

  映画ライフを爆上げするMIHOシネマの便利な使い方は↓

www.narcos.site

 

悪魔の沼(1976年) 

 

監督:トビー・フーパー

脚本:トビー・フーパー

     アルヴィン・L・ファスト

   キム・ヘンケル

出演:ネヴィル・ブランド

   メル・ファーラー

   スチュアート・ホイット

   マンマリリン・バーンズ

   クリスティン・シンクレア

時間:90分

 

見所

あの「悪魔のいけにえ」のホラー映画の巨匠、

トビー・フーパー御大によるワニホラー。

 

方向性として、トビー・フーパーらしさが全開!!

テキサス臭が全篇に渡ってプンプンして、

実在の猟奇殺陣事件がベース、そして、

おっぱいがいっぱい!!

悪魔のいけにえ後に撮られたにしては、
ややチープだが、赤みがかった色調と、
シンセ的な電子音楽

 

ホテルの横の沼からひょこり現れる、

ワニの緑が映える、ワニホラーファンの
愛すべき映画だ!

悪魔のいけにえに出演していても何の

違和感もないホテルの主のキチガイ

ぷりや、マリリン・バーンズも出ている

ので、トビー・フーパーファンならマスト!

 

ブラック・ウォーター(2007年) 


監督:アンドリュー・トラウキ

   デヴィッド・ネルリッヒ

脚本:アンドリュー・トラウキ

   デヴィッド・ネルリッヒ

出演:ダイアナ・グレン

   メイヴ・ダーモディ

   アンディ・ロドレーダ 

時間:89分

 

見所 

実在の事件を描いたオーストラリア産ワニ映画。

こちらも面白くなる要素がキッチリ入っている。

 

ワニのホームである沼が、バトルフィールド

の主戦場になる事で、表面からは、ワニがいつ

、どこで、どのようにして、襲い掛かってくる

のかわからないことにより、恐怖演出が持続。

 

また、本物のクロコダイルを使用した臨場感。

 

史実+沼+本物のクロコダイルのトリプルコンボ!

 

史実に基づき、リアルな再現に成功している! 

 

 

メガ・パイソンVSギガント・ゲイター(2011年)


監督:メアリー・ランバート

脚本:ナオミ・L・セルフマン

出演:デボラ・ギブソン

   ステファニー・コトシリロス

   キャスリン・ジューステン

   A・マルティネス

   ケヴィン・M・ホートン

時間:91分 

 

見所  

こちらはアサイラムのメガシリーズの1本。

 

ジャケットはめちゃくちゃカッコイイのに、

中身はセコい!笑

 

チープなCGだし、ちゃちい画作り、破綻し

かけたギリギリの話運びだが、ワニ映画の

面白くなる要素をキッチリ押さえている。

 

それは巨大化してのVSものだ!! 

THE POOL ザ・プール(2018年) 

監督:ピング・ランプラプレング

脚本:ピング・ランプラプレング

出演:ティラデート・ウォンプアパン

   ラットナモン・ラットチラタム

時間:90分 

 

見所 

The pool ザ・プールは、タイ製のワニ映画。

 

6mの深さのプールの水が抜けてしまってワニ

登場というワン・シチュエーションもの。

 

ワニ映画って単品だと映えないし、閉じこめ

ものも単体でも厳しい。

 

そこで2つを掛け合わせたような感じだと相性

がよく、ワニ×密室は面白い!

 

ロストバケーション、クロールの直系型の作品で、

2つの傑作作品と比べたら、痛々しさは地味かも

しれない。

 

けど、実は誰でも同じ状況におちいる可能性

として、身近さは1番に感じる。 

 

クロールー凶暴領域ー(2019年) 


監督:アレクサンドル・アジャ

脚本:マイケル・ラスムッセン

   ショーン・ラスムッセン

出演:カヤ・スコデラーリオ

   バリー・ペッパー

   モーフィド・クラーク

   ロス・アンダーソン

   ホセ・パルマ

   ジョージ・サムナ

時間:87分 

 

見所 

2019年で評価の高かった、注目が集まっ

ている新時代のモンスター、ワニものホラー

ワニ映画の入門編にして真打ち。

 

これがダントツ面白い!!

 

サム・ライミ製作、アレクサンドル・アジャ

監督。 気合いの入りまくった製作陣により、

大傑作が誕生した。

 

サム・ライミは近年、ホラー映画を自身で撮

らなくなり、製作に回る事が多くなってしまった。

(監督したのはスペルが最後)

 

サム・ライミ製作ホラーも面白い作品が多いが、

これがいちばん。

 

また、アジャ監督にしても、これまでも傑作

ホラーを多く生み出してきたホラー映画界の

貴公子だが、アジャ監督の最高峰では!?

 

そう思わせてくれた超お気に入り。

 

普通に即死レベルの救いのない状況下、

幾重にも周到に用意された緊迫感の持続性、

生への渇望とファミリーの愛のつながり。

 

こんなホラー映画が大好きだ。 

 

ワニ映画? +α ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年) 


監督:ブラッド・ペイトン

脚本:ライアン・イングル

   カールトン・キューズ

   ライアン・J・コンダル

   アダム・スティキエル

出演:ドウェイン・ジョンソン

   ナオミ・ハリス

   マリン・アッカーマン

   ジェイク・レイシー

   ジェフリー・ディーン・モーガン

時間:107分 

 

見所

ホラー映画でもなく、ワニ映画というくくり

ではやや無理があるので、+αとしてワニが

登場する映画としてご紹介。

 

(むしろゴリラ映画である) 

 

ここで、紹介するなかでは、メガ・パイソン

VSギガント・ゲイターに近く、巨大化してのVSもの。

 

ただし、メガ・パイソンVSギガント・ゲイターの

500億倍以上は完成度は高い、ブロックバスター超大作。

 

(単位はやや大げさに表現している) 

 

ロック様も出演しているし、誰でも楽しめる、

ワニが登場する面白いモンスター映画! 

 

 

まとめ

  ワニ映画クロール凶暴領域2

 

・サメ映画は供給飽和状態

 ワニ映画は供給不足

・ワニ映画はこれからもっともっと面白くなる

古今東西ワニ映画5選+α(入門編)

 

今回紹介した作品の

DVD・ブルーレイは、

こちら↓

 
by カエレバ

  

by カエレバ

  

by カエレバ

  

by カエレバ

 

by カエレバ

 

by カエレバ

 

最新情報はFilmarks(フィルマークス)で更新中↓

filmarks.com