ナルコスの登場人物とゆかいな仲間たち

最新情報配信中★ナルコスシリーズ/Netflixオリジナル映画/ディズニー ヴィランズ/スターウォーズ ・クローンウォーズ・反乱者たち・マンダロリアン/MCU・X−MEN/and more!★対極な無数の一をひとつなぎに観る事で、問題解決。円環構造で無数につながる数百名超のキャラクター・映画を紹介。

個人ブログでは最大規模!おすすめの映画ブログ「MIHOシネマ」をご紹介!

f:id:narcos:20200724122920p:plain


あれもこれもある!観たい映画がほとんど全部ある!!
映画好きなら、映画を観る前にも観た後にも、映画ブログをチェックする人が多いはず。今、本当におすすめ出来る映画ブログとは?それは映画大好きユーザーが集まるブログであるべき。その1つが「MIHOシネマ』というブログ。は?観たい映画が全部ある?うそつけ!と思っていませんか?実はぼくもそう思っていました。でも本当にある、だって掲載映画本数が7500本以上もあるんだから。

 

 

 

 

 

 7500本という

圧倒的ボリューム
一生見切れない
網羅性を誇る

普通の人ならそれだけの本数だと観るだけで

も困難な天文学的数字に思えるラインナップ。

それを「作品情報」「登場人物(キャスト)」

「ネタバレあらすじ(ストーリー解説)」

「感想・評価・レビュー」を7500本分揃え

ている。


ここまででも脅威的なのに、さらに「映画の

ネット視聴・無料視聴」の情報もチェックで

きるというユニークさ。

f:id:narcos:20200724091428p:plain

 


画像の引用元:MIHOシネマ公式サイトなどより

(以下同様)

 

もちろん、ジャンルの偏りがなく、

メジャーからマイナーまで、洋画

・邦画だけでなくアニメまで幅広

く充実。

f:id:narcos:20200724140513p:plain



旧作・新作は当たり前、公開直前情報も

チェックできる!
 
まさに至れり尽くせりの映画メディア。

無意識に見てるかも
大手サイト級の
完成度の高さ
 
もしかしたら、あなたも作品群の多さから

一度は見たことがあるかもしれない。
 
でも、これがいち個人の運営している映

画メディアだと知ったら、ビックリする

こと間違いなし。
 
他にも「MIHOシネマ」独自の魅力とし

て、映画賞や映画祭別の作品紹介がある

のも気が利いている。
 
例えば、「映画賞・映画祭一覧」の「ア

カデミー賞」をクリックした場合、歴代

作品だけでなく、アカデミー賞の概要や

歴史・年表を見ることができる。
 
しかも、世界三大映画祭だけではなく、

18もの映画祭が載っている!

f:id:narcos:20200724140532p:plain



これはとても勉強になるし、コアな映画

ファンでも新たな作品と出会えたり発見

がある可能性が高く、映画ファンには嬉

しい細かい配慮が行き届いている。
 
豊富なリサーチ方法が完備されている点

もユーザーに優しいポイント。

f:id:narcos:20200724091620p:plain



キーワード検索だけでなく、ジャンル

別、おすすめ、ランキング、俳優別、

公開中、公開予定なども可能。
 
情報氾濫時代に
こぞって立ち寄る
羅針盤という
信頼性の高さ
 
このように他の映画ブログとは一線を化

す巨大映画メディアの「MIHOシネマ」。
 
映画の予習・復習にも使うことが出来る

ので、ユーザーからはとても重宝されて

いる。
 
以下の画像のように、目次が細かく分類

されているので、鑑賞前後に活用できる。

f:id:narcos:20200724091139p:plain



鑑賞前 には、「作品情報」「無料視聴

できる配信一覧」「登場人物(キャスト

)」をチェック。
 
鑑賞後には、「ネタバレあらすじ(ス

トーリー解説)」をチェック。
 
これなら映画大好きユーザーが集まるのも納得!
 
百聞は一見に如かず!これ以上の説明より、

まずはサクッと「MIHOシネマ」を見て欲しい。
 
 
 
■「MIHOシネマ」概要

f:id:narcos:20200724085451p:plain



「MIHOシネマ」は、影山みほさんが編

集長を務める映画メディア。
 
国内未公開の最新映画から、無名・有名

を問わない旧作まで「人生と感性をより

豊かに、映画がより身近なものに」をモ

ットーに映画情報を発信。
 
 
「MIHOシネマ」トップページ
mihocinema.com
 
「MIHOシネマ」公式Twitter
https://twitter.com/mihocinema/
 
 


■「MIHOシネマ」おすすめ記事10選
 
こちらは当ブログで以前取り上げた、以

下の記事のランキング上位の作品から選

出したおすすめ記事5選と、公開直前情報

5選に注目。
 


www.narcos.site

映画ファンなら多くの人が見た事がある

作品やこれから見たい!映画ばかりだと

思うので、ぜひチェックしてもらいたい。
 
 
 
バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年)

 



ショーシャンクの空に(1994年)


 

 
 
・レオン(1994年)

 


 
インターステラー(2014年)

 


 
・ジョーカー(2019年)




 
・2分の1の魔法(2020年8月21日公開予定)

 


 
 ・TENET テネット(2020年9月18日公開予定) 

 



・ムーラン(2020年9月4日公開予定)

 


  
・ブラック・ウィドウ(2020年11月6日公開予定) 

 


 
・007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(2020年11月20日公開予定) 




 
「MIHOシネマ」どうですか?
  
あらすじがネタバレ含め『起承転結』で

まとめられており、レイアウトがシンプ

ルで見やすいのでストレスフリー。
 
また、脅威のほぼ毎日更新!しかも複数

記事であることが多い!!
 
飽きさせず、情報の鮮度が保たれている

のには頭が下がる(自身の更新頻度の少

なさを反省中)。
 
あなたも自分のベスト映画や気になって

いた映画を探してみては?
 
「MIHOシネマ」にはきっとある、いや

絶対ある!!なくても、これから揃うは

ず!!!
 
「MIHOシネマ」は、
Wikipediaのような情報整理力、
FilmarksのようなSNS的連動性もある。
 
あなたの映画ライフを爆上げしてくれ

る、そんな頼もしい映画メディアはこ

れからも拡張していく。
 
 
 
まとめ

f:id:narcos:20200724084948p:plain



影山みほさんが編集長を務める映画メ

ディア「MIHOシネマ」。
 
国内未公開の最新映画から、無名・有名

を問わない旧作まで「人生と感性をより

豊かに、映画がより身近なものに」をモ

ットーに映画情報を発信。
 
・7500本掲載という圧倒的ボリューム

 は一生見切れないほどの網羅性を誇る
 
 ・無意識に見ている可能性のある
 大手サイト級の完成度の高さ
 
・情報氾濫時代にこぞって立ち寄る
 映画ユーザーの羅針盤となっている信

 頼性の高さ
 
・「MIHOシネマ」おすすめ記事10選
 
・あらすじがネタバレ含め『起承転結』

 でまとめられており、レイアウトがシ

 ンプルで見やすいのでストレスフリー。
 
 ・脅威のほぼ毎日更新なので、飽きさ

  せず、情報の鮮度が保たれている。
 
 
 
今回紹介した、

「MIHOシネマ」は、
こちら↓

 
「MIHOシネマ」トップページ
mihocinema.com
 
「MIHOシネマ」公式Twitter
https://twitter.com/mihocinema/

 

 PS.


もしこの記事を見ている映画サイト運営

者様・映画ブロガー様がおられましたら、

ご一報いただければ、当ブログで紹介さ

せて頂きますのでお気軽にご連絡ください。

※内容によりますので、ご希望に添えない

  場合もございます。予めご了承ください。

お問い合わせはこちらをクリック。


 
 
シェアしてくれると嬉しい
です!