ナルコスの登場人物とゆかいな仲間たち

最新情報配信中★ナルコスシリーズ/Netflixオリジナル映画/ディズニー ヴィランズ/SW マンダロリアン/MCU・X−MEN/and more!★対極な無数の一をひとつなぎに観る事で、問題解決。円環構造で無数につながる総勢300名を超えるキャラクターを紹介。

アイリッシュマン 映画館鑑賞 DVD・ブルーレイ所持必須 登場人物


『アイリッシュマン』予告編 - ロバート・デ・ニーロ、アル・パチーノ、ジョー・ペシ出演、マーティン・スコセッシ監督 - Netflix

 

ひとむかし前、「これがNetflixオリジナルで観られるのか」、と話題になったのもなつかしい。現在は、Netflixオリジナルだからこそ実現した企画という所まできている。2019年は、Netflixオリジナルで、そのような根拠となる有名映画人参戦のメジャー作品が連発。その真打ちとなる、アイリッシュマンを深く掘り下げたい。

 

 

 

 

Netflixオリジナルが最強ジャンルになるという未来予想図は前回の特集を参照↓

 

www.narcos.site

 

 

・アイリッシュマン

 (Netflixオリジナル2019年11月配信)


『アイリッシュマン』最終予告編

 

スコセッシ映画としては、

グッドフェローズ、カジノに続くマフィア映画3部作。

 

デ・ニーロとタッグは22何年振りだし、

ジョー・ペシ、ハーヴェイ・カイテルまで

揃っているだけでも驚きなのに、

スコセッシとアル・パチーノが初顔合わせ。

 

アベンジャーズの2作品、

インフィニティウォー×エンドゲームを

圧縮した至れり尽くせりの超贅沢仕様。

 

また、実在した超大物のジミー・ホッファ失踪事件

をベースにした時代背景等々、

話題性には枚挙にいとまがない超大作。

あらすじ・ネタバレあり。

 

 

 

■アイリッシュマン 作品情報

画像の引用元:IMDb公式サイトより 

(以下同様)

 

スタッフ 

監督 マーティン・スコセッシ

 
製作 マーティン・スコセッシ
   ジェーン・ローゼンタール
        エマ・ティリンジャー・コスコフ
        ロバート・デ・ニーロ
        ガストン・パヴロヴィッチ
 
脚本 スティーヴン・ザイリアン
 
原作 チャールズ・ブラント
 
撮影 ロドリゴ・プリエト
 
音楽 ロビー・ロバートソン
 
 

 

■アイリッシュマン キャスト&キャラクター紹介

Robert De Niro, Harvey Keitel, Al Pacino, Martin Scorsese, and Joe Pesci at an event for The Irishman (2019)

 

メインキャスト

 

・フランク・シーラン/ロバート・デ・ニーロ

 

アイルランド系アメリカ人(ジ・アイリッシュマン)
 
第二次大戦に従軍し、
戦後トラック運転手兼殺し屋稼業を始め、
1955年からマフィアのボスのブファリーノの運転手となる。
 
その後、全米トラック運転手組合に所属し、
組合委員長ホッファの用心棒となる。
 
 
・ジミー・ホッファ/アル・パチーノ(写真:真ん中)
Robert De Niro, Al Pacino, and Ray Romano in The Irishman (2019)
 
50年代はエルビスに迫り、
60年代はビートルズに匹敵する程の人気の持ち主で、
ピーク時は大統領の次に力を持つ男とされていた、
全米トラック運転手組合委員長。
 
 
  
・ラッセル・ブファリーノ/ジョー・ペシ
Joe Pesci in The Irishman (2019)
 
ペンシルバニアのマフィア「ブファリーノ一家」のボス。
 
 
 
メインキャスト3人のまわりの登場人物
 
・ペギー・シーラン/アンナ・パキン
Anna Paquin in The Irishman (2019)
 
フランク・シーランの娘。
 
 
アンナ・パキンの代表的出演作
(X-MEN  ローグ/マリー・ダンキャント役)
 
 
X-MEN トリロジー(旧3部作)
X-MEN: フューチャー&パスト
ローグ・エディション↓
 
  
・ドロレス・シーラン/マリン・アイルランド
フランク・シーランの娘。
 
・メアリーアン・シーラン/ジェニファー・マッジ
フランク・シーランの娘。
 
・コニー・シーラン/ジョーディン・ディナテイル
 フランク・シーランの娘。
 
・メアリー・シーラン/アレクサ・パラディノ
フランク・シーランの最初の妻。
 
・アイリーン・シーラン/ステファニー・カーツバ
フランク・シーランの二番目の妻。
 
 
・ジョゼフィーヌ・ホッファ/ウェルカー・ホワイト
ジミー・ホッファの妻。
 
・チャッキー・オブライエン/ジェシー・プレモンス
ジミー・ホッファの養子。
 
・フランク・フィッツシモンズ/ゲイリー・バサラバ
ジミー・ホッファの秘書。
 
 
・ビル・ブファリーノ/レイ・ロマノ
ラッセル・ブファリーノのいとこで、ホッファの側近(弁護士)。
 
・キャリー・ブファリーノ/キャスリン・ナルドゥッチ
ラッセル・ブファリーノの妻。
 
 
 
 フィラデルフィアファミリー
 
・アンジェロ・ブルーノ/ハーヴェイ・カイテル
マフィア「フィラデルフィア一家」のボス。
 
・フェリックス・ディトゥリオ/ボビー・カナべイル
通称スキニー・レイザー。
アンジェロ・ブルーノの部下(殺し屋)。
 
 
 
ジェノヴェーゼファミリー(NY5大ファミリー)
 
・アンソニー・サレルノ/ドメニク・ランバルドッツィ
ジェノヴェーゼ一家のボス。
 
・アンソニー・トニー・プロ/スティーヴン・グレアム
マフィア「ジェノヴェーゼ一家」の幹部で、
全米トラック運転手組合第560支部長。
 
・トーマス・アンドレッタ/ジェレミー・ルーク
トニー・プロの部下(殺し屋)。
 
・スティーブン・アンドレッタ/ジョゼフ・ルッソ
トニー・プロの部下(殺し屋)。
 
・サリー・バグズ/ルイス・キャンセルミ
トニー・プロの部下(殺し屋)。
 

他 

 

 

 

■あらすじ・ネタバレ

 

裏社会のボスに長年仕えてきた殺し屋フランクが、

秘密と暴力にまみれた自らの半生を振り返る。

マーティン・スコセッシ監督が贈る、

ギャング映画の新たな傑作。

(Netflixより)

 

スコセッシ映画のマフィア映画3部作、

(グッドフェローズ、カジノ、アイリッシュマン)

をひとつながりとして観ると、

面白さの度合いは数段階ステージが上がる。

 

時代設定はどれも、

40年代〜80年代の間の実話ベースとなっており、

MCUほど顕著ではないが、

ユニバース(作品内でつながる)形式となっている。

 

つまり、

グッドフェローズでは下級マフィアに焦点を当てて描かれ、

カジノではそれら下級マフィアを司るボスという神を描いている。

 

しかも、この2作品では、

原作ニコラス・ピレッジ、監督 マーティン・スコセッシ、

脚本 ニコラス・ピレッジ、マーティン・スコセッシ。

主演にロバート・デ・ニーロ&ジョー・ペシという、

黄金カルテットを形成して、

制作された今なお伝説級の作品。

 

そして、今回のアイリッシュマンでは、

カジノでは神扱いであったさらにその上の存在、

マフィア界の天上人、

ドラゴンボールで言えば界王神界での界王神たちの戦いが描かれる。

 

スコセッシ組の古参である

ロバート・デ・ニーロ&ジョー・ペシを筆頭に、

実在した超大物のジミー・ホッファに、

アル・パチーノを配置した鉄壁布陣。

 

これをNetflix制作により、

自由に作れたのだから、

面白くないはずがない。

 

さらに、ひとつながりと言えば、

グッドフェローズ、カジノ、アイリッシュマンに通じる、

全てが一変するラストも印象的だ。

 

もしまだアイリッシュマンを未見であるならば、

これら3作品合わせてのイッキ見を推奨する。

 

尚、アイリッシュマン登場前までは、

スコセッシのギャングもの3部作は、

ミーン・ストリート、グッドフェローズ、カジノで完結していたので、

ミーン・ストリートもこれらコレクションに加えて欲しい

(個人的にオールタイムベストの1本という意味も込めて)。

 

 

 

■名場面ハイライト(評価・解説・考察)

「俺は家族を守ろうとして頑張ってきたんだ」

というフランク・シーランに対し、

娘のペギーから間髪入れずこう返される。

 

「一体何から?お父さんに相談してもロクなことにならなかった」

と返されるやりとりからの流れは、

グッドフェローズから連なる、

全てが一変するラストのアップデート。

 

また、

「どうしてあいつらは自分の墓穴をほったのかわからん」

というが台詞がフランク自身に、

降りかかってくる後半の恐ろしさに、

スコセッシの真骨頂・集大成をみた。

 

アイリッシュマンは特典映像もNetflixで配信されているので、

こちらからも引用したい。

 

「監督・出演陣が語るアイリッシュマン」

でスコセッシが次のように語っている。

Martin Scorsese at an event for The Irishman (2019)

 

観る側に変革が起きているため、

特定の場所で観るためではなく、

制作に集中したと明かしている。

 

劇場公開用の尺に合わせて、

映画をむりやり切り刻むのではなく、

Netflixオリジナルとして、

この作品が生を受けたという事。

 

また、メインキャスト3人を20代半ば~50代に若返らせ、

全部を作り変えるわけではない、

CGによるメイクと語っているように、

こちらも大きな技術革新がされている。

 

今後も多用されるであろう、

最先端の映像技術が多額の費用をかけて、

(最終的な製作費の1億7500万ドルの多くの部分)

使われている点も注目だ。

 

このように、スコセッシ組の古参のキャストの集合と、

アル・パチーノを合流させつつ、

時代の最先端が詰まっている映画。

 

そして、

それを完全な形で見られる点において、

アイリッシュマンの凄さはスコセッシ映画の到達点。

 

さいごに

 

映画人たちが業界内のあれこれに出来る限り縛られず、

作りたい物を作り、

実現する事ができる場として、

Netflixオリジナルというジャンルが確立し、機能を果たしている。

 

いち視聴者として、

そのようにして誕生した映画を観れるなんて。

これ以上の喜びはないのではないだろうかー。

今後も、他の多くの映画作家たちに、

この流れが続いて欲しい。

 

 

 

まとめ

 

スコセッシ映画のマフィア映画3部作、

(グッドフェローズ、カジノ、アイリッシュマン)

をひとつながりとして観ると、

面白さの度合いは数段階ステージが上がる。

 

そして、

その前後の派生作品も欠かせない↓

 

・タクシードライバー(1976年)
 
 

ダークヒーローと言えば、
真っ先に思い浮かぶのが、
トラヴィスという代名詞。

それもそのはずなのは、
精神安定剤的に溜飲(りゅういん)を
下げるのに完璧に作用するからだ。

スコセッシ的な瞬間が大炸裂する真骨頂、
トラヴィスの自由過ぎる暴走の果てに、
降臨するカタルシスは、
男たちの永遠の憧れ。

 

・ヒート(1995年)

 
ゴッドファーザーPART2から誰もが待ち望み、
時を経てついに実現した、
映画界のモンスター俳優W主演。
 
アル・パチーノ×ロバート・デ・ニーロ

男たちの生き様をまざまざと描いた美学と、
映画史に刻まれているリアル過ぎる銃撃戦。
 
何度観ても飽きず、
特に生音の迫力は半端じゃなく震える。
これまでのそれとは一線を画す。
犯罪映画てなく戦争映画レベル。
 
これが見事に融合し、
重厚な完成度で観る度にしびれる。 

再生を始めると、
真空パッケージ化した
色気と狂気が画面から醸し出され、
あっという間に引き込まれて、
途中下車は不可避。
 
文句なしに銃撃戦映画の頂点に、
君臨する決定版だ!!
 
 

今回紹介した作品の

ブルーレイ・DVDは、

こちら↓

 
 

・ミーン・ストリート(1973年)

 

極上のオープニングがこれでもか!

と物語っているように、

音楽と画面のしびれる連動具合、

独特の編集スタイル、

後のスコセッシ作品へとつながるキャスト達等の完成度。

 

これは、

英エンパイア誌が最高の米インディペンデント映画50本のうち、

1位に選ばれる評価の高さ。

 

そして、

映画本編は70年代らしく、

狂気のセンスをただよわせている、

はなれわざで魅せるスコセッシの自伝的作品。

 

特に音楽がヤバいのは、、、


1.有名過ぎるオープニング

The Ronettesの「Be My Baby」。


2.エキセントリック・クレイジー・キレキレ

ジョニー・ボーイ(ロバート・デ・ニーロ)の登場曲

The Rolling Stonesの「Jumpin' Jack Flash」。

 

赤いライトに照らされた店内に、

スローモーションで登場し

(音楽も合わせてスローになっている)、

まとう空気の違いから、

周囲にそれとわからせる脅威の存在感。

 

この作品のデ・ニーロを観て、

コッポラはゴッドファーザーPART2に、

デ・ニーロの起用を決めたという有名なエピソード。


3.ラストシーンのカーチェイスのバイオレンスを爆上げする

Creamの「Steppin' Out」。 

 

正直、スコセッシの分身ともいえるチャーリーを演じる、

主演のハーヴェイ・カイテルは、

デ・ニーロに喰われてしまってる感は否めない。

 

けれども、本当に大好きな俳優。

ハーヴェイ・カイテル出演作の中でもお気に入り3作は、

(ミーン・ストリート 、スモーク、バッド・ルーテナント)

見逃せない。

  

 

・グッドフェローズ(1990年)

 

実在のマフィアの告白本を元にした、

主人公ヘンリー・ヒル(レイ・リオッタ)が、

生きた50〜80年代の30年を圧縮。

 

スピーディな展開に合わせた、

圧倒的で多種多様で重要な役割を負っている、

音楽の存在感が際立つ革新的映画。

 

音楽の使い方の徹底度合いが底上げされており、

時代を考慮してその時点(もしくはそれより前)

でしか聞けなかったものに限定。

 

今では当たり前となった

映画内のシーンと歌詞をマッチさせている

元祖の作品というのはもっぱら有名。

 

それのそのはず、

撮影前の脚本時点で音楽を決めており、

音楽に合わせて編集もされている。

 

例えば、オープニングから使用される

トニー・ベネットのRags To Riches、

ジミー(デ・ニーロ)のあるシーンでかかるLayla、

麻薬の象徴としてのストーンズの楽曲や、

ラストで鳴り響くMy Wayの使い方等、

以降の映画文法に与えた功績は図り知れない。

 

また、何を置いても、

音楽と同等もしくはそれ以上の存在感を放つ、

ジョー・ペシ扮するトミーだ。

 

一触即発の暴君で気性が荒く、

火のついた導火線を持ち合わせた忙しなさで、

映画内でトミーが登場するシーンでは、

緊張感が高まり続けて、

とどまる所を知らない。

 

マフィア映画史屈指の人気キャラクター。

特に、ナイトクラブでヘンリーに本気で絡む、

トミーのシーンは伝説的なアドリブが生んだ賜物。

 

  

・カジノ(1995年)

 

直接なつながりではないが、

グッドフェローズの続編的立ち位置で、

アイリッシュマンにも関連する。

 

ラスベガスのカジノはジミー・ホッファ率いる

全米トラック運転手組合の

融資を受けて経営されている。

 

そのチームスターズ(全米トラック運転手組合)に代わって、

カジノ経営をするのが、

マフィアに雇われた凄腕のノミ屋、

実在の人物である、

フランク・レフティ・ローゼンタール。

 

映画では"エース"となっているが、

ロバート・デ・ニーロが演じている。

その幼馴染で用心棒にジョー・ペシ。

エースの妻役にシャロン・ストーン。

 

危険臭が漂い過ぎて、

何をしでかすかわからない、

危ない顔ぶれが揃っている。

 

オープニングから文字通りぶっ飛んでる映画で、

原作者ニコラス・ピレッジいわく、

カジノの登場人物はいずれも生まれつき、

かたぎの道には無縁の人間。

 

そんな人間達が繰り広げる、

波乱に満ちた物語が画面を占拠し、

観る物を飽きさせない矢継ぎ早な編集で、

グッドフェローズより長い177分間はあっという間。

 

 

 アイリッシュマン(2019年)

 

 

 

即買いするので、

アイリッシュマンも配信とは別に、

DVD・ブルーレイを発売して欲しい。

現時点では、まだソフト化されてないので、

原作とサントラは必携。

 

 

 

シェアしてくれると嬉しい

です!