ナルコスの登場人物とゆかいな仲間たち

最新情報配信中★ナルコスシリーズ/Netflixオリジナル映画/ディズニー ヴィランズ/SW マンダロリアン/MCU・X−MEN/and more!★対極な無数の一をひとつなぎに観る事で、問題解決。円環構造で無数につながる総勢300名を超えるキャラクターを紹介。

ディズニー ヴィランズ40選!ディセンダントまで 1937〜2017年



ディズニー ヴィランズの人気に迫る

ディズニー ヴィランズって、なんであんなに人気なの?って思っていませんか。また、最近ディズニーヴィランズにハマりました。なんて人もいますよね。今年は日本のディズニーランドが35周年。ウォルト没後50周年でも、勢いは留まる所を知らず、今も熱狂的なファンを生み出し続けるディズニー帝国。そこで、今回はディズニー ヴィランズは、「なぜこのように世界中で愛されているのか」について。

 

 

 

 

   

 

ディズニー映画

の時代背景

 

まずは、

ディズニーの映画史を大きく5つに区切り、

有名作をざっくり整理、以下参照。

 

 

 

①ウォルト生前期・ナイン・オールドメン全盛期(1937〜1967年)

  

②ウォルト死後、ウォルフガング・ライザーマン全盛期(1970〜1980年)

 

※ディズニー暗黒期(1981〜1988年)

 

③ディズニールネッサンス期(1989〜1999年)

 

④ピクサーの台頭、ディズニーとドリームワークスの対立(1995〜2005年)

 

⑤ピクサー買収、ジョン・ラセター製作総指揮(2006年〜)

 

 

実写等は省略した、

簡単なディズニー映画史は、

以上の通り。

 

有名作を観ると、

他の作品をもっと知りたい、

という一貫性が 働く。 

 

そんな作品群から、

ディズニー ヴィランズを、

完全に独断と偏見での選出。

 

選出根拠については

アトラクション中心

 

ディズニー作品は映画を観て、

アトラクションも楽しめるというのが、

やっぱり最大の楽しみでもあるので、

その観点を中心に選んだ。

 

とは言っても、

アトラクションにない作品もある。

 

しかし、

ディズニーランドに行けば、

会えるキャラクターもいるし、

海外のイベントが、

有名なキャラクターもいる。

 

過去に有名なアトラクションで、

使用された作品もある。

 

古典から

最新作までを

カバー

 

それでは、

愛すべきディズニーヴィランズを紹介。

 

魅力溢れるヴィランズばかりなので、

最後までご覧いただきたい。

 

ディズニー ヴィランズ

40選 !

ディセンダントまで

1937〜2017年

 

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMGE5MTI0ZjctYjY5ZS00MjA1LWJkMGUtYzYzZTY1MjYwNjAwXkEyXkFqcGdeQXVyMTYzMDM0NTU@._V1_.jpg

画像の引用元:IMDb公式サイトより 

(以下同様)

 

 

1.白雪姫(1937)の女王(魔女)

 

ディズニー記念すべき長編1作目。

1937年に制作されたとは、

信じがたい完成度。

 

それまで短編で試されていた、

ロトスコープ、

マルチブレーンカメラを駆使した、

エポックメイキングイリュージョン。

 

これにより、

今では当たり前だが、

アニメキャラクターを、

現実世界と区別しないという、

偉業を成し遂げた名作。

 

 

2.ピノキオ (1940年)のJ・ワシントン・ファウルフェローとモンストロ(クジラの王様) Walter Catlett in Pinocchio (1940)

 

初期ディズニー作品での課題、

2次元の絵に3次元的な

奥行きを見せるために

膨大な予算が注ぎ込まれた。

 

マルチプレーンカメラが、

全編に渡り威力が発揮され、

リアルな情景とキャラクターに、

命が吹き込まれた。

 

キツネの詐欺師フェローと、

相棒のネコのギデオンの他、

ピノキオの地獄巡りにそれぞれ、

インパクトのあるキャラクターの

ヴィランズが登場する。

 

人形一座を取り仕切る、

ストロンボリ。

Pinocchio (1940)

 

子供たちを、

プレジャーアイランドという遊園地で、

ロバにして売り飛ばす、

悪徳業者コーチマン。

Charles Judels in Pinocchio (1940) 

 

プレジャーアイランド

 

そして、

何と言っても圧巻なのが、

クジラの王様モンストロ。 

Thurl Ravenscroft in Pinocchio (1940) 

このシーンは80年前なのに、

アニメ史上最も作画がすごいシーン

としても話題になり、

躍動感を超えてリアルに、

恐怖を感じる作画力。

 

永遠に色褪せない名作。

 


 

 

3.ファンタジア(1940年)のチェルナボーグ

Fantasia (1940)

 

チェルノボーグは、

ファンタジアの「禿げ山の一夜」 に

登場する悪神。

 

‪ファンタジアは、

ディズニー3作目にして、

当代随一のアート映画。

 

ナレーション以外台詞を排除し、

クラシック音楽のテーマに合わせた

アニメ8編で構成され、

1940年当時に史上初

ステレオ音声作品を完成させる。

 

戦争の影響がなければ、

4Dにしていたとの逸話があるほど

技術を結集させた作品で、

現在でも全く色褪せていない。

 

ディズニーランド(以下:TDL)の

フィルハーマジック、

ファンタズミック、

にも引用され、

世界中から愛され続ける名作中の名作。‬

 

 

4.南部の唄(1946年)のブレア・フォックス(きつねどん)とブレア・ベア(くまどん)
 
 
TDLのアトラクションで、
常に人気上位の
スプラッシュマウンテン。
 
人種差別問題により、
ディズニーの自主規制で封印され、
DVD化はされていない。
VHSのみ。
プレミア化している幻の逸品。
 
差別うんぬんより、
この作品内での大爆笑を誘う
ピースフルな世界観は、
スプマンにも継承されている。
 
何とか観賞してから
アトラクションに臨むと
楽しさが倍増する!

 

 

5.シンデレラ(1950年)のトレメイン夫人の実の娘。ドリゼラ(姉)とアナスタシア

 Eleanor Audley, Lucille Bliss, and Rhoda Williams in Cinderella (1950)

 

トレメイン夫人については、

シンデレラ3の方でパワーアップしているので、

そちらで紹介。

 

 

6.ふしぎの国のアリス(1951年)のハートの女王

Verna Felton in Alice in Wonderland (1951)

 

 

7.ピーターパン(1953年)のフック船長 Hans Conried in Peter Pan (1953)

 

不思議の国のアリスからの継承発展、

原作からの変革、

ナインオールドメン含む、

ゴールデンメンバーが揃った

制作アーティストたち。

 

ウォルト時代の黄金期後期に、

ウォルト・ディズニー・プロダクション

創立30周年記念等、

幾重にも重なった記念碑的な作品。

 

大傑作が約束された

星の元の生まれた愛すべき名作。

 

ピーターパンという

悪魔的魅力あふれるキャラクターを創造し、

時を超えた病みつきの面白さを

世に広め続けている。

 

ネバーランド!

 

 

8.海底二万哩(1954年)のネモ艦長(写真:左)

 

ディズニーシー(以下:TDS)の

アトラクションとは違って、

アドベンチャー要素が少なめ。

 

ディズニー映画なのを

忘れそうになるくらい、

深海のようにディープでダークな物語。

 

この映画の見所の一つである、

スチームパンクなデザインである

ノーチラス号のセットのクオリティ。

 

ここで挙げている作品の中でも、

トップクラスに善悪の区別が

あいまい。

 

ネモ船長の行動も動機を知れば、

その境界はぐらついてきて、

正しいことのように

思えてくるあたりが面白い。

 

ノーチラス号の艦長。

 

19世紀に潜水艦を作り出した

天才でありながら、

地上での生活を絶ち、

海底世界で自給自足する。

 

海底生活を脅かす

世界各国の海で艦船を沈めて回り、

自分の理想のためなら手段を選ばない。

 

007に登場しそうな

マッドサイエンティスト枠の悪役。

 

 

9.眠れる森の美女 (1959年)のマレフィセントとレイバン(カラス)

Eleanor Audley in Sleeping Beauty (1959)

  

ディランズトップの

マレフィセントが大暴れ!!

 

豪華なキャラクター造形に、

メアリーブレアによる

目と心が喜ぶ

見事な色彩設計と美術。

 

マルチプレーン・カメラによる

立体的に見せる撮影技法が加わる。

 

チャイコフスキーの

バレエ音楽が融合されて、

有名な数々のシーンで高度な

芸術性を発揮している。

 

今見てもフレッシュさが失われず、

スタイリッシュな

永久不滅の歴史的名作!!

 

 

10.スイスファミリーロビンソン(1960年)の海賊 クアラ(写真:中央左)

Swiss Family Robinson (1960)

 

新天地ニューギニアを目指し、

スイスを出航したロビンソン一家。

 

舞台は猛獣・珍珍獣、緑豊かで、

文明から切りはなされた無人島。

 

船の部品等を使って大きな木の上に、

キッチンや寝室、居間、

子供部屋まである、

すばらしい家を建築。

 

TDLにはロビンソン一家の住んでいた

木の家(ツリー・ハウス)が、

再現されている。

 

新たな楽園を作りあげるが、

そこに海賊達が現れる。

 

今観てもかなり面白い、

アドベンチャーの古典。

 

隠れた名作となっているが、

もっと長尺で観たいから、

完全版かドラマ版で、

リメイクして欲しい!

 

スイスを出航する前の話や、

大嵐での難破、

孤島での生活、

海賊戦等

いくらでも膨らませられる要素がある。

 

 

 

はじめて観た時は、

ハリウッドで最初のセックスシンボル、

有名な日本人俳優であることは、

知るよしもなかった。

 

国籍不明の謎の言語をしゃべり、

英語はほんの少しだけだが、

圧倒的な存在感。

 

別次元に見えるカリスマは、

時が経った現在でも、

フィルム内に健在している。

 

 

11.101匹わんちゃん (1961年)のクルエラ・ド・ビル

Betty Lou Gerson in One Hundred and One Dalmatians (1961)

 

1961年公開の本作から、

トレスマシンが初導入され、

作業効率が飛躍的に向上し、

大きな変革となった作品で、

以降アニメ界のスタンダードとなる。

 

その証しに、

躍動感あふれるダルメシアンを

これだけ一気に登場させることが可能になった!

 

ダンボやバンビと並ぶ、

ディズニーのお家芸と言われた、

動物アニメーションの名作。

 

また、人気キャラクター、

クルエラの暗躍にも注目。

 

大の毛皮マニア、

ヘビースモーカーらしい、

ハスキーボイスが印象的な悪女。

 

ハイファションセンスを通り過ぎて、

ダルメシアンの毛皮コートを

デザインするほどの危険人物。

ラストはマッドマックスだ↓

 

 

 

12.ジャングル・ブックのシアカーン

George Sanders in The Jungle Book (1967)

 

アニメ版(1967年)

本を開くオープニングから始まる。

 

1967年ウォルトの遺作。

 

ウォルトがこだわり続けた

ジャングル・クルーズの

アトラクションでのジャングルの再現と同様、

アニメでは表現が難しい

ジャングルの奥行きのある画が、

見事に表現されている奇跡的な作品。

 

また、物語に終始登場する

魅力溢れるジャングルの住人たちが、

そうそうたる声優達による共演で、

実現されている点においても、

この映画の特別さを物語っている。

 

実写版 (2016年)

 

初見時のジャングルのアップデート、

アニマル達のあまりにも

リアル過ぎる存在感は、

忘れがたいものがある。


主要キャラクターの

アキーラ、バルー、バギーラ、

カー、キング・ルーイらに感動!

 

特に、他の作品に比べても、

人気の高いヴィラン、

シア・カーンは、

登場シーンからの本気仕様で、

画面越しにも十分に通じる「圧」。

 

他の動物達が感じている「圧」が、

半端ではなく、

その恐怖をリアル過ぎるほど

共有できるヤバい仕上がり。

 

こちらの、

声優陣の豪華さも見事。


アニメ版と違うエンディングまで、

抜かりのなく作り込まれており、

さすが監督のジョン・ファブロー!

ディーズニーとの相性がいい。

 

潤沢な資金による豪華なルック。

安易にアニメ版に戻れなくなるほど、

お気に入り。

 

めずらしい実写版の

成功作品として、

孤高の存在に位置付け

(実写と言いつつモーグリ以外はCG)。

 

実写版は本を閉じる

エンディングになっており、

アニメ版とつなげて観る

楽しみも加わっている。

 

 

13.おしゃれキャット(1970年)のエドガー

Roddy Maude-Roxby in The AristoCats (1970)

 

ヴィランのエドガーは、

どうしても101匹と重ねて観てしまうが、

クルエラ・ド・ビルと比べると、

ややしょぼい。

 

映画のおしゃれキャット、

猫の種類はペルシャの家族と、

雑種のオマリーの仲間たち。

(ダッチェス美人!

マリーちゃんは実は主役ではない)

 

パリが舞台なのが

すごく似合っていて、

月夜の猫とエッフェル塔の画がよく映える。

 

多分、多くの人が同じように

感じるように、

ジャムセッションのシーンが一番好き!

 (Ev'rybody Wants to Be a Cat)

 

  

 

 14.コルドロン (1985年)のホーンド・キング(写真:中央)

f:id:narcos:20200229105312p:plain

 

ヴィランのホーンド・キングは、

子供が観たらトラウマ級の悪役。

 

予知能力を持つ、

ブタのヘン・ウェンの力を使って、

悪魔の大釜(おおがま)

「ブラック・コルドロン」を

探している闇の魔王。

 

ブラック・コルドロンは、

死者の軍隊を復活させ、

封じ込められた悪の精神を使って、

世界征服を企んでいる。

 

コルドロンは、

ディズニー暗黒時代の象徴らしく、

内容もブラックな方向に

振り切ってて挿入歌もゼロ!

 

 

知らない人が見たら、

これがディズニー作品?

と、びっくりするはず。

 

ダークファタジー要素満載。

ディズニー初のPGレート指定。

 

コルドロンは、

過去にシンデレラ城の

ミステリーツアーのモチーフ作品

でもあった↓

 



   

15.ロジャー・ラビット(1988年)のドゥーム判事 

Christopher Lloyd in Who Framed Roger Rabbit (1988)

 

ドゥーム判事は、トゥーンを抹殺のため、

特殊な薬品を混ぜた液体を武器に、

不始末を犯したトゥーンを排除する

トゥーンタウンの支配者。 

 

黒ずくめの死刑執行人。

 

クリストファー・ロイドと言えば、

「バック・トゥー・ザ・フューチャー」

シリーズのドク役が有名。

 

本作では、

正反対の死神ルックも

バッチリ決まっている。 

 

ロジャー・ラビットは、

トゥーン(アニメーションキャラクター)が、

実社会に存在している世界観。

 

南部の唄、メリーポピンズ等から続く、

実写とアニメ(トゥーン)の

融合の進化型。

TDLにアトラクションがある。

 

ミッキーのほか、

ディズニー以外でも、

バッグス・バニー等の

ワーナーブラザースを取込み、

全員集合を実現。 

R・ゼメキスの傑作。

 

ディズニートップクラスの悪役、

ドゥーム判事が複雑に絡む、

ストーリー・アクションが見所。

 

 

 

16.リトル・マーメイド (1989年)のアースラ

Pat Carroll in The Little Mermaid (1989)

 

ディズニー・ディランズとして、

人気の高いアースラ。

下半身がタコの海の魔女。

 

リトル・マーメイド は、

ディズニー・ルネッサンスの幕開けの作品。

 

それだけに、

ディズニー・ルネッサンスの

特徴に多く当てはまる。

 

ブロードウェイミュージカル・スタイルの採用。

 

また、アメリカ以外を舞台にした

物語が多いのも特徴で、

本作でも海底の世界・アトランティカが

舞台の中心となっている。

 

 
尚、セル画を使った最後のディズニー作品。

以降はコンピューター彩色が

利用されている。

 

 

17.美女と野獣 (1991年)のガストン

Richard White in Beauty and the Beast (1991)

 

 

18.アラジン(1992年)のジャファー

Jonathan Freeman in Aladdin (1992)

 

 

最強ベスト5には入る大物ヴィランズ。

また、歴代ディズニーヴィランズの中でも、

マレフィセント&アースラとともに、

人気ベスト3。

 

映画アラジンは、

リトル・マーメイドの製作陣が手掛けた作品。

こちらもディズニー・ルネッサンス

作品群の特徴に当てはまる。

 

ブロードウェイ

ミュージカル・スタイルの採用。

 

主題歌

「ホール・ニュー・ワールド(新しい世界)」

による神がかったシーン。

 

また、アメリカ以外の舞台設定も当てはまり、

本作では砂漠の王国アグラバーという

アラブ圏が中心舞台となっている。

 

コンピューターがフル活用され、

タイガーヘッドの洞窟や、

魔法のじゅうたんのシーンに代表される。
 

 

19.ホーカス・ポーカス (1993年) の魔女のサンダーソン3姉妹 

 

サンダーソン3姉妹

・ウィニー(写真:中央)

キャスト:ベット・ミドラー

吹き替え:谷育子

 

・メアリー(写真:左)

キャスト:キャシー・ナジミー

吹き替え::さとうあい

 

・サラ(写真:右)

キャスト:サラ・ジェシカ・パーカー

吹き替え:日野由利加

 

1693年のセイラム。

魔女3姉妹は不死の魂を得るために、

森の中の家でさらってきた

子供たちの精気を吸って生きていた。

 

魔女裁判での処刑直前に

「いつかハロウィンの夜に若き童貞が私たちを蘇らせるだろう。」

とを言い残した。

 

魔女のサンダーソン3姉妹が、

魔女裁判で処刑されてしまう。


300年後の現代のセーレム、

ハロウィンの夜。

 

ロスから来た転校生マックス、

クラスメートのアリスン、

妹のダニーとともに魔女屋敷の探検で、

マックスはろうそくに火を灯し、

魔女は復活する。

 

ベット・ミドラー演じるウィニーが

「I Put A Spell On You」

を歌う演じるシーンは必見。

 

ウォルト・ディズニー・ワールドの

ハロウィーンイベントで

「ホーカスポーカス・ヴィランズ・スペキュタキュラー」

というイベントが

開催されている。

 

  

 

20.ナイトメアー・ビフォア・クリスマス(1993年) のウーギー・ブギー
Edward Ivory and Ken Page in The Nightmare Before Christmas (1993)
 
ダークファンジーの帝王
ティム・バートン制作。
 
ストップモーションの神様
ヘンリー・セリック監督。
 
2人の相乗効果により、
ハロウィンとクリスマスの
アンビバレンスの感性が
スパークして大爆発!
 
とんでもない完成度をほこり、
季節の変わり目になると、
必ず観られ続けている名作。
 
ダニー・エルフマンの音楽も手放せない!

 

 

21.ライオンキング(1994年)のスカー

The Lion King (1994)

 

シンバの成長物語は、

スター ウォーズミックスされた、

真の名作ディズニーだ。

 

ディズニーアニメ人気ランキングも最強位。

 

隠居体質のあるジェダイがそうであったように、

シンバは王国を追われて、

ライオンなのにヨーダのように、

ジャングルで草食動物たちと一緒に隠居する。

 

彼らと同じように、

昆虫等を食べて暮らすようになり、

お気楽な生活を送る。

 

そして、レイアがきっかけで、

ルークがジェダイに目覚めたように。

 

ヒロインである、

ナラがジャングルに迷い込み、

久々の再開をきっかけに、

シンバは徐々に自分を取り戻す。

 

ジェダイゴーストのように、

ムファサゴーストの説得により、

自分を完全に取り戻し、

隠居生活から脱却。

 

スカー率いる帝国軍の王国へ向かう。

 

ロケーションの表現も素晴らしい。

 

無限に広がっているサバンナ、

立体感のある谷底、

ジャングルブックのアニメ版よりも

遥かにクオリティが向上したジャングル、

満天に輝く星空。

 

スカーについては、

ムファサの実弟でありながら、

ハイエナ達と共に王国を

暗黒地域に塗り変えてしまった。

 

ダークサイドに堕ちているスカーは、

完全にダースベイダーに重なる。

 

スカーの告白シーンは、

完全に帝国の逆襲オマージュ。

 

逆に、

ラストバトルのマグマがたぎる戦場は、

若きアナキン対オビ=ワン戦に、

影響を与えたのでは?

と想起してしまうほどのシリアスさ。

 

 

22.トイ・ストーリー(1995年)のシド・フィリップス、ザーグ(バズの宿敵)

Erik von Detten in Toy Story (1995)

 

 

23.ポカホンタス (1995年)のジョン・ラトクリフ総督

David Ogden Stiers in Pocahontas (1995) 

ヴィランのジョン・ラトクリフ総督は、

メル・ギブソンが俳優という事もあって、

完全にディズニー版アポカリプト。

 

※ポカホンタスの方が先に製作されている。

 

 

24.ノートルダムの鐘 (1996年)のクロード・フロロー

Tony Jay in The Hunchback of Notre Dame (1996)

 

クロード・フロローは、

悪役が最高裁判事という、

めずらしいキャラクター。

 

厳格な規律に従おうと、

自身を律して来たが、

エスメラルダに翻弄され、

制御がきかず暴走。

 

エスメラルダに対して、

暗く歪んだ不健康な恋愛感情を抱く。

 

ノートルダムの鐘は、

ジェフリー・カッツェンバーグが、

制作に深く関わったことにより誕生した、

ディズニールネッサンスの中でも

異色なシリアス路線。

 

重々しい描写が多く、

キリスト教をモチーフ・テーマ・悪役にし、

宗教色が前面に出た結果、

見方によっては

反キリスト教的な特異さを体現した作品。

 

中世のパリの街並・音楽も

相まった画面は大変美しい!

 

 

  

25.ヘラクレス (1997年)のハデス

James Woods in Hercules (1997)

 

ディズニールネッサンスで

ギリシャ神和の名前だけ借りた

別物のためなのか、

かなり地味な評判。

 

それだけ、

他のディズニールネッサンスが、

派手で傑作揃いという証。

 

埋もれがちな作品だが、

実はかなり整っていて、

神の話だけに神作品。

 

キャラクターがしっかり

作り込まれていて、

ストーリーも主人公の王道路線。

成長物語&ラブロマンスもの。

 

超人的なパワーや

神たちによる

派手なアクションもある。

 

また、音楽もいい。

評判に反して、

3拍子も4拍子も揃っている印象。

 

ハデスは、

死者の国を治める神で、

ライバルであるゼウスを倒し、

オリンポス山を乗っ取る野望を抱いている。

 

それでいて、

悪役ながら人間くさい

コミカルで描かれている。

 

そのため、

ディズニーヴィランズの

人気ランキングで

常に上位の愛されキャラ。

 

髪が青い炎になっていて、

激怒すると髪が赤く燃え盛るが、

ペガサスに吹き消された際には、

実はスキンヘッドだったことが判明する笑↓

 



  

 26.ムーラン (1998年)のシャン・ユー

Miguel Ferrer in Mulan (1998)

 

シャン・ユーは、

北方騎馬民族・フン族の指導者で、

万里の長城を超えて中国征服を目論む。

 

寡黙でストック、

無能者や気に入らない相手には容赦ない。

 

女子供関係なく殺める

冷酷非情残虐な人物。

 

ハヤブサを従えているなど、

狩猟民族としての顔も見せる。

 

ムーランについては、

ディズニールネッサンスの中で、

比較的知名度が低めで、

珍しい組み合わせの作品。

 

まず、ディズニーとして、

初のアジア女性で、

パンツスタイルのヒロインが主人公。

 

パンツスタイルは、

アラジンのジャスミンと2人だけ。

 

長編アニメで戦争テーマというのも稀。

 

  

27.ターザン(1999)のサボー(ヒョウ)とジョン・クレイトン

 

サボー 

Tony Goldwyn and Frank Welker in Tarzan (1999)

 

ジョン・クレイトン

 

28.カントリーベアーズ (2002年)のリード・シンプル(写真:右)

Big Al (left), longtime caretaker of Country Bear Hall, gives the lowdown to Reed Thimple (Christopher Walken, right), an evil banker determined to destroy the legendary venue.

 

クリストファー・ウォーケン演じる、

ヴィランであるリード・シンプルは、

ベア・ホールの乗っ取りを狙う銀行家。

 

カントリー・ベアーズが、

かつて演奏していた

ベア・ホールは、

経営状況が悪化し、

2万ドルの借金を抱えている。

 

クリストファー・ウォーケンが

怪演するも、

取り壊そうとする理由によるものなのか、

ラジー賞にノミネートされてしまったが、

面白い、隠れた名作。

 

敵役のクリストファー・ウォーケン他大物

ミュージシャンが豪華出演。

絶版のサントラが絶妙。

尚、TDLのアトラクションと映画は別物。

 

伝説のバンド、

「カントリー・ベアーズ」を再結成して、

ホールを救うために主人公ベアリーが

バラバラになったメンバーを呼び戻そうと

がんばるストーリー。

 

 

 

 

29.Mr.インクレディブル(2004年)のシンドローム
Jason Lee in The Incredibles (2004)

 

 

30.シンデレラIII 戻された時計の針 (2007年)のトレメイン夫人

Susanne Blakeslee in Cinderella III: A Twist in Time (2007)

 

トレメイン夫人(まま母) は、

アラジンのジャファーよろしく、

フェアリー・ゴッドマザーから

魔法の杖を奪い・乱用。

アラジンのランプと違って、回数制限がないだけにタチが悪い。

 

元々の性格の悪さも手伝って、

悪知恵が働き、

鬼に金棒状態で手がつけられない。

 

シンデレラの追いつめかたは、

Ⅰとは比較にならないエグさに

なっている。

 

シンデレラIIIは、
マイケル・アイズナーによる、

続編ビデオスルー乱造戦略の中でも、

シンデレラ・アラジン融合を思わせる。

 

お気に入りの1本。

 

魔法の杖を手に入れた

継母が時間を戻してしまう、

パラレルワールド。

 

物語の時系列はⅠ→Ⅲ→Ⅱ。 

 

 

 

31.プリンセスと魔法のキス(2010年)のドクター・ファシリエ

Keith David in The Princess and the Frog (2009)

 

 

32.トイ・ストーリー3(2010年)のロッツォ・ハグベア(ピンクのクマ)

 

 

33.リメンバー・ミー (2017年)のエルネスト・デラクルス

Benjamin Bratt and Anthony Gonzalez in Coco (2017)

 

極彩色あふれるヴィジュアル、

キャラクターと連動する音楽、

死者の世界を行き来する、

一種のタイムトラベル&パラレルワールド。

 

おもしろさが詰まりまくりで、

没入度が高く、

大どんでん返しにも度胆を抜かれ、

号泣するシーンも多い大傑作だ。

 



 

  

ディズニー ディセンダント 

 

ディセンダントは、

ディズニー・チャンネルのオリジナル・ムービー。

 

これまで紹介してきた、

優秀・最強のヴィランズたちの

子孫を集めた企画として、

作品となったのがディセンダント。

 

ディセンダントは子孫を意味する。

 

 

・ディセンダント(2015年)


 

歴代のディズニー・ヴィランズたちは、

善人たちの王国(オラドン合衆国)の王、

ビースト(美女と野獣)が

魔法のバリアで覆った、

ロスト島で暮らしている設定。

 

その島では、

複数のディズニー・ヴィランズが、

同じ世界観に存在し、

それぞれティーンエイジャーの子供がいる。

 

Booboo Stewart, Cameron Boyce, Dove Cameron, and Sofia Carson in Descendants (2015)

 

・マル・バーサ(写真:中左)

キャスト:ダヴ・キャメロン

吹き替え:近藤唯


ディズニーのヴィランズの

オピニオンリーダーとされる

「眠れる森の美女」の

魔女マレフィセントの一人娘。

 


・イヴィ(写真:左)

キャスト:ソフィア・カーソン

吹き替え:森谷里美


「白雪姫」のイーヴィル・クイーンの娘

(白雪姫の異母妹)。

 


・カルロス(写真:中右)

キャスト:キャメロン・ボイス

吹き替え:下田レイ


「101匹わんちゃん」のクルエラ・ド・ビルの息子。

 


・ジェイ(写真:右)

キャスト:ブーブー・スチュワート

吹き替え:瀧村直樹


「アラジン」の悪役ジャファーの息子。

 

 

・ディセンダント2(2017年)

 

ディセンダントの続編。

 

マル達がふとしたきっかけで、

生まれ故郷のロスト島へ戻ると、

海賊達を率いる

「リトル・マーメイド」のアースラの娘、

ウーマ達と遭遇してしまう。

 

f:id:narcos:20200229121410j:plain


 

・ウーマ ・チャイナ(写真:中)

キャスト:アン・マクレーン

吹き替え:ふじたまみ

「リトル・マーメイド」のアースラの娘。

 


・ハリー(写真:右)

キャスト:トーマス・ドハティ

吹き替え:佐藤美一

「ピーターパン」のフック船長の息子。

 


・ギル(写真:左)

キャスト:ディラン・プレイフェア

吹き替え:井木順二

「美女と野獣」のガストンの息子。

 

 

 

.ディセンダント3(2019年夏予定)


 

あらすじは現時点では不明だが、

マルの父親登場が示唆されている。

 

ディセンダント3の予告編で、

マルが森の中を歩いて、

大きなストーンの上に、

青白く輝く光を見て。

”パパ?”と呟くからだ。

 

そして、ディセンダント3のロゴ。

 

あのキャラクターが、

登場するのは濃厚とみていいのでは?



  

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

まとめてみると、

ディズニーの悪役は見方を変えると、

実は悪ではなかったりするので、

印象が先行して、

イメージが変わったりするのでは。

 

一覧にすると、

あれもこれも観たくなって、

どんどんハマってしまう、

魅力のあるキャラクターが多く、

ディズニーマジックにかかってしまう。

 

全部チェック

しなくても大丈夫!

 

ディズニーファンだからといって、

全てのディズニーヴィランズを、

好きにならなくとも、

気になるキャラから、

チェックしてみては?

 

 

 

もっと詳しくは、

ディズニー映画の関連本で、

こちらがオススメ↓ 

 

 ・暗黒ディズニー入門

 

 

 

シェアしてくれると嬉しい

です!