ナルコスの登場人物とゆかいな仲間たち

最新情報配信中★ナルコスシリーズ/Netflixオリジナル映画/ディズニー ヴィランズ/スターウォーズ ・クローンウォーズ・反乱者たち・マンダロリアン/MCU・X−MEN/and more!★対極な無数の一をひとつなぎに観る事で、問題解決。円環構造で無数につながる数百名超のキャラクター、映画を紹介。

キングスマン:ゴールデン・サークル より楽しむための 映画タイトルの解説・考察

 

 

 

キングスマンの衝撃から2年半弱。続編として、B級方向にパワーアップして帰ってきた。前作を上回る名場面だらけとなっており、現時点で個人的には今年No.1の新作。

映画タイトルの裏設定に感動。詳しくは、名場面ハイライト(解説・考察)で。

 

 

 

 

マシューボーンの

新たなるシリーズ。

 

キックアス、

X-MEN ファースト・ジェネレーションの

監督・脚本を経て進化。

 

本物のスパイ映画

 

X-MEN ファースト・ジェネレーションの時から、

60年代の007感を、

前面に打ち出してきてはいたが、

ついにをスパイものを撮ってくれた。

 

X-MENシリーズ についてはこちらから↓

www.narcos.site

 

007とは反対のベクトル

 

クレイグ版007の代名詞である

シリアス・ダークとは対象的で、

コミカルだけどグロめバイオレンス。

 

ロジャームーア007や、

オースティンパワーズ路線で

最高に面白い!!

 

 

■キングスマン 作品概要

Colin Firth, Samuel L. Jackson, Michael Caine, Mark Strong, Sofia Boutella, and Taron Egerton in Kingsman: The Secret Service (2014)

画像の引用元:IMDb公式サイトより 

(以下同様)

 

キングスマン

原題:Kingsman: The Secret Service

 

製作 2014年

 

製作国 イギリス

 

スタッフ

監督 マシュー・ヴォーン
脚本 ジェーン・ゴールドマン
   マシュー・ヴォーン
原作 マーク・ミラー
        デイヴ・ギボンズ
 
製作 マシュー・ヴォーン
   デヴィッド・リード
        アダム・ボーリング
製作総指揮 マーク・ミラー

 

 

■キングスマン あらすじ・ネタバレなし

 

イギリス・ロンドン。

貧しい日々を自堕落に過ごした

青年エグジーは、

ある日トラブルを起こして逮捕される。

 

高級テーラー「キングスマン」に勤める

ハリー・ハートに身柄を保証して

もらい釈放される。


セヴィル・ローに店を構える

キングスマンは、

高級テーラーとして有名だが、

実は裏でスパイ活動を行う組織だった。


エグジーは、

キングスマンの一員となるため、

過酷な訓練を受ける。

 

 

■キングスマン キャラクター紹介

 

・ゲイリー・“エグジー”・アンウィン

Taron Egerton in Kingsman: The Secret Service (2014)

 

キャスト: タロン・エガートン

吹き替え:木村昴

 

 

・ハリー・ハート

 

キャスト: コリン・ファース

吹き替え:森田順平

 

 

・リッチモンド・ヴァレンタイン
 
 
キャスト:サミュエル・L・ジャクソン
吹き替え:玄田哲章
 
 
・マーリン
 
キャスト:マーク・ストロング
吹き替え:加藤亮夫
 
 
・アーサー 
 
キャスト:マイケル・ケイン
吹き替え:佐々木敏キ
 
 

・ガゼル

  

キャスト:ソフィア・ブテラ

吹き替え:沢城みゆき 

 
 
・ロキシー・モートン
 
キャスト:ソフィ・クックソン
吹き替え:下山田綾華
 
 
・チャーリー・ヘスケス(写真:真ん中)
 
キャスト:エドワード・ホルクロフト
吹き替え:櫻井トオル

 

 
・アーノルド教(写真:左)
 
キャスト:マーク・ハミル
吹き替え:あべそういち 
 
 

  

 

■キングスマン 名場面ハイライト(解説・考察)

 

散りばめられた007オマージュ(特に2度死ぬ)や、

名場面は数あれど、

何と言っても革新的な音楽の使い方だ。

 

レーナード・スキナードのFree Bird、

威風堂々が流れる、

新世代のサントラの使い方。

 

このシーンでは2度とも昇天させられた。

 

これまで、

Free Birdと威風堂々といえば、

「デビルズ・リジェクト」と、

「時計仕掛けのオレンジ」の

印象が強過ぎたため、

つかいずらい曲。

 

これを乗り越えて、

見事にアップデートした手腕は見事。

 

 

「キングスマン」のFree Bird

 


KINGSMAN: THE SECRET SERVICE Movie Clip - Church Massacre |4K ULTRA HD| Colin Firth Action 2014

 

「キングスマン」の威風堂々 

 


Exploding Heads Scene

 

 

 

デビルズ・リジェクトのFree Bird

 


The Devil's Rejects: Free Bird

 

 

「時計仕掛けのオレンジ」の威風堂々

 


ClockWork Orange - Sir Edward Elgar

 

 

 

 続いては、

キングスマン:ゴールデン・サークル

 

 

■ゴールデン・サークル 作品概要

Colin Firth, Julianne Moore, Mark Strong, Channing Tatum, and Taron Egerton in Kingsman: The Golden Circle (2017)

 

キングスマン:ゴールデン・サークル

原題 Kingsman: The Golden Circle

 

製作 2017年

 

製作国 イギリス

 

スタッフ

監督 マシュー・ボーン

 

脚本 ジェーン・ゴールドマン
        マシュー・ヴォーン
 
原作 マーク・ミラー(キャラクター創作)
        デイヴ・ギボンズ(キャラクター創作)
 

製作 マシュー・ボーン
   デビッド・リード
   アダム・ボーリング


製作総指揮 マーク・ミラー

 

 

  

■ゴールデン・サークル あらすじ・ネタバレなし


ヴァレンタインとの死闘から一年後。

新人だったエグジーは、

世界的スパイ組織キングスマンの

トップエージェントに上り詰め、

多忙な日々を送っていた。

 

ある時、エグジーのところに、

元キングスマン候補生が現れる。

自分に襲いかかるその候補生をなんとか

撃退したエグジー。

 

その候補生を雇っていたのは、

ポピー・アダムズという麻薬組織

「ゴールデン・サークル」の

女ボス・世界最大の麻薬王だった。

 

 

 

 

■ゴールデン・サークル キャラクター紹介:  

 

(キングスマンは省略、前作の覧に記載)

 

ステイツマン

 

・ウイスキー

Pedro Pascal in Kingsman: The Golden Circle (2017)

 

キャスト:ペドロ・パスカル

 


ウイスキー無双!映画『キングスマン:ゴールデン・サークル』本編映像

 
ウエスタンハットをかぶった

カウボーイでプレイボーイ。

 

ステイツマンの古参で、

その戦闘能力は極めて高い

トップエージェント。

 

戦闘スタイルは、

2丁拳銃と電磁式投げ縄を使いこなす。

 

名前の通り、

ウイスキーを愛飲している。

 

 

ナルコスのペドロ・パスカルはこちらをチェック

www.narcos.site

 

マンダロリアンのペドロ・パスカルはこちらをチェック

www.narcos.site

 

 

・テキーラ

Channing Tatum in Kingsman: The Golden Circle (2017)

 

キャスト:チャニング・テイタム

 

登場シーンで、

エグジーとマーリン2人を瞬殺する。

 

戦闘能力の高さが伺えるが、

ジャンキーのため、

麻薬使用で青い筋が現れ、

笑いを誘うダンスマンと化してしまう。

 

本作では見せ場は少ないが、

スピンオフで主人公の企画が

進められている。

 

 

・ジンジャー

Halle Berry in Kingsman: The Golden Circle (2017)

 

キャスト:ハル・ベリー

 

戦略担当の裏方業務に満足いかず、

現場に出たい欲求がたまっているが、

ウイスキーに止められている。

 

その不満をマーリンと共有している。

 

X-MENシリーズでは、

ストームなので、

この設定では、

みている側も不満。

 

・シャンパン

Jeff Bridges in Kingsman: The Golden Circle (2017)

 

キャスト:ジェフ・ブリッジス

ステイツマンのボス。

 

 

麻薬組織「ゴールデン・サークル」


・ポピー・アダムズ

Julianne Moore in Kingsman: The Golden Circle (2017)

 

キャスト:ジュリアン・ムーア

 

本作のラスボス。

頭脳明晰、冷静沈着、冷酷な

組織経営をする麻薬王。

 

ロボットを多用し、

部下の裏切りには厳しく、

特製ハンバーガーを創造する。

 

麻薬ビジネスで世界一成功しているが、

誰も知らない辺境の地(ポピーランド)で

ひっそりと生活している事に、

嫌気がさしている。

 

自由・名声を欲し、

自己実現に向けて、

麻薬戦争の終結、

麻薬の合法化の計画を実行する。

 

 


■名場面ハイライト(解説・考察):

今回の公開版は長さを全く感じないどころか、

もっともっと観ていたかった2時間21分だったが、

編集前は3時間40分というから驚き。

 

完全版を出して欲しいが、

マシュー・ボーンは未公開を、

特典にはつけない派なので、

あきらめるしかない。

 

その分、前作もそうだったが、

次作に焼き直しで観せてくれるので、

期待して待つ。

 

 

未公開・カットシーン研究

・マーリンとジンジャーのロマンス

・ティルデとエグジーのママとの関係

・あるキャラの、実は生きていた設定

 

  

今作を振返ると、

まさに全場面名シーンだが、

特に外せないのは以下の通り。

 

①”秒でアガる”冒頭のカーアクション

②ポピーランド初披露

③グラストンベリーフェスでの一連のコント

④前作ファンなら震えが止まらないあるキャラの復活など

⑤ウイスキーアクションシーン全部

⑥007 女王陛下オマージュのスキー場のシーン

⑦感涙必須のマリーンによるカントリーロード熱唱

⑧エグジー等による突入以降ファイナルバトル全部

 

 

 

さいごに

 

映画タイトルの裏設定について。

 

ゴールデン・サークルの裏設定とは、

ゴールデン・トライアングルに、

一大麻薬組織を築いた、

クンサー・グループである。

 

クンサーとは、

最盛期にはヘロインの6割、

アヘンは8割以上を密造していた

と言われる。

 

麻薬密造地帯を支配し、

君臨していた世界最凶の麻薬王の一人。

 

ゴールデン・トライアングルは、

タイ・ミャンマー・ラオスの国境が、

接する山岳地帯。

 

今回のゴールデン・サークルの

ポピー・アダムズがカンボジアの山の中に、

ポピーランドを建造し、

武装して生活していたのにピッタリ重なる。

 

クンサー自体の情報は少ないし、

映画化では時間的に足りないので、

是非Netflixオリジナルで制作して欲しい。

 

 

マニアックなクンサー情報はこちら↓

 

 

 

 

まとめ

 

今回紹介した作品

マシューボーンが監督したブルーレイは、

こちら↓

 

・キック・アス(2010年)

 

・キングスマン  (2015年)

 

・キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年)

 

 

 

 

シェアしてくれると嬉しい

です!