ナルコスの登場人物とゆかいな仲間たち

ナルコスが面白過ぎて、見終わってしまってこれからどうしようかと悩んでいませんか?そんな時、時系列に関係なく、横断的に、境界を超越するカッコイイ悪のカリスマやダークヒーローの世界観に浸り続けたい人のためのサイトはこちらです

ナルコス メキシコ シーズン1(あらすじ・ネタバレ)


Narcos: México | Tráiler oficial | Netflix

 

■シーズン1 エピソード1〜10

 

■「各エピソード総括」

※このドラマのタイトル「ナルコス」は麻薬密売人を意味する

 

 

 

■あらすじ・ネタバレ(実話・実在・実録)

 

今回は口外禁止のエピソードもあるので、直接的なネタバレは避ける。

 

ナルコス メキシコはナルコストであればご存知の通り、シーズン3で次の舞台はメキシコと堂々と宣言していた通り、コロンビア編が完結し、キャストもフルモデルチェンジして臨む、新章開幕の記念すべきシーズン1。

但し、時代背景は1980年まで遡り、現在のメキシコ麻薬戦争の創世記である、グアダラハラ・カルテル結成前から描かれる。実は、ナルコスと並ぶほどの傑作シリーズであるエル・チャポでは、このあたりをほんの少しだけかすってはいたものの、ミゲル・アンヘル・フェリクス・ガジャルドの全盛期までは細かく描く事が出来ていなかったので、このシリーズが大好きな人であれば、ついにその隙間が埋まる、待望のシーズンであった。

 

ディエゴ・ルナ扮するミゲル・アンヘル・フェリクス・ガジャルド(以下:フェリクス・ガジャルド)は、元警官で長年に渡って密売人を追い、その経験から、密売人組織に接触し、自らを売り込んだ。早くから、砂漠に帝国を築く事を目論み、巧みな話術で、各プラサのボスを取り込み連合を結成したキレ者。そして、当時メキシコには存在しなかった麻薬カルテルを築き上げた。大麻のルートを仕切った後は、コカインに参入し、メキシコにおけるコカインの帝王として、崇められるようになった。

 

一方、マイケル・ペーニャ演じる米DEA捜査官のキキ・カマレナは、熱意があるが、うだつがあがらず、このままでは上に上がれないと判断すると、出産間近の彼の妻と朝幼い長男と共に、家族揃って、新天地での生活を決意をする。出世のため、メキシコ グアダラハラに赴く。アメリカでの捜査方針と違い、逮捕権限のないメキシコ当局の違いに戸惑うが、汚職等にまみれた甘んじた環境を鼓舞しながら、麻薬組織撲滅のため、邁進する。念願かなって値千金のお宝を掘り当てるものの・・・。

 

 

 

こちらに詳細に興味があれば、

是非手に取ってもらいたい名著だ↓

 

 

 

ナルコス メキシコS1の物語の構成はざっくり以下の通り。

 

Ep1〜4     グアダラハラ・カルテル結成秘話をじっくり描く地味な展開。

       フェリクス・ガジャルドはメキシコに初の麻薬カルテルを結成し、

       価格統制によりマリファナを展開し、次のステージへの

       参入を試みる。

 

Ep5     口外(こうがい)禁止(口外禁止のポスターが出たほどネタバレ御免)

 

※口外禁止のイメージ

f:id:narcos:20200112083842j:plain

 

Ep6〜10  盛り上がりを見せる後半編で、

        いわゆるキキ・カマレナ事件の全貌までを描く。

 

 

 

エピソードタイトル

Ep1「キャメロット」
Ep2「プラザ合意」
Ep3「ゴッドファーザー」
Ep4「ラファ、ラファ、ラファ!」

Ep5「コロンビアへ」

Ep6「運命の国境」
Ep7「大ボス」
Ep8「ノーと言おう」
Ep9「ロペ・デ・ベガ 881番地」
Ep10「レジェンダ作戦」

 

尚、新章開幕にあたり、今までのナルコスを観ていなくても大丈夫的な宣伝等に騙されてはいけない。やはり、旧ナルコスシリーズの1〜3、欲を言えば、エル・チャポの1〜3も観てから本作の鑑賞に入ってもらいたい。あなたの喜びが何倍にもなる仕掛けが待っているのだから、、、。

 

 

 

■キャラクター紹介

 


『ナルコス: メキシコ編』接近戦 - Netflix [HD]

 

グアダラハラ・カルテル

 

ミゲル・アンヘル・フェリクス・ガジャルド

メキシコの麻薬界で帝王、ゴッド・ファーザー、グアダラハラ・カルテルの大ボス(シーズン4)。

キャストディエゴ・ルナ

 

ディエゴ・ルナの代表作

 

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

オールタイムベストの1本であるスターウォーズ EP4、そして2016年ベストの1本になってしまったくらい好きなローグ・ワン。
前半の無名の戦士達を際立たせるドラマパートから、後半の怒涛のアクションシーン。鳴り止まないM・ジアッキーノの音楽。垣間見られる本編でお馴染みアイツら。こんなにも美しい映画に仕上がってるなんて、、、ギャレス・エドワード最高!
公開当時は映画館でローグワン、家では新たなる希望、サントラのプレイリストをつなげて脳内二本立て上映、ローグワンの功績は、スピンオフを超えた到達点に達し、欠かす事の出来なくなってしまった存在感。
ローグ・ワンは好きなキャラが多過ぎてスピンオフのスピンオフやって欲しいと思っていたら、いつの間にか、製作決定していたので、楽しみに待つ!!
 

 

キキ・カマレナ

DEA特別捜査官(潜入捜査官)(シーズン4)。

キャストマイケル・ペーニャ

 

マイケル・ペーニャの代表作

 

アントマン

劇場鑑賞時はエドガー・ライトの監督降板の情報が先行していて、大丈夫かなという心配から、変な先入観を持っていた人も多いはず。しかし、大方の予想に反し、いざ鑑賞して観たら楽しかった、おかわり!という感想を持ったのを覚えている。
というのも、縮小ものというどう考えて楽しい映画ジャンル。特に、訓練時のスーツ問題、ヒロインとの格闘術、ありんこたちとの共闘が描かれる萌えが溢れているからだ。そして、本番を迎える頃になると、それはもう大盛り!!
おまけに主人公のスコット共に、おバカなマイケル・ペーニャが加わり、楽しさに拍車がかかっているのは言うまでもない!!!

 

アントマン&ワスプ

前作同様、アベンジャーズの後の箸休めとしても、大変重要な役割を果たしてくれる大好きなアントマン。
今回もお馴染みポールラッド、マイケル・ペーニャ、T.I.によるお馬鹿トリオによるコメディ路線を貫いてくれていてよかった。
初登場キャラクターのワスプやゴーストもよい。か弱い生物との共闘はやっぱり心踊るし(前作に比べると控えめでやや寂しい)、アクションシーンもレベルアップし、ヴィジュアル面でもわくわくさせてくれる。
それでいて、量子世界というもう一つの大切な側面も担っている、ふざけて真面目、やっぱり楽しいし、多幸感溢れるシリーズ!!

 

 

 

エルネスト・フォンセカ・カリージョ(通称:ドン・ネト)

キャスト:ホアキン・コシオ
酒好き。フェリクス・ガジャルドの右腕、アマド・カリージョ・フエンテスの叔父。

 

ラファエル・カロ・キンテロ

キャスト:テノッチ・ウエルタ
女好き。地質改善・水脈確保・品種改良も行う、フェリクス・ガジャルドの元で扱う商品を作るマリファナ・アーティスト。

 

イサベラ・バウティスタ

フェリクス・ガジャルドの幼なじみ。

実写版峰不二子級のシリーズ屈指の超絶ナイスバディーだけど、野心が強い悪女。

キャスト:テレサ・ルイズ

 

 

 

ナルコスのメイン・キャラクラーの紹介はこちらをチェック↓

www.narcos.site

 

 

エル・チャポの登場人物はこちらをチェック↓

www.narcos.site

  

 

■名場面ハイライト(評価・解説・考察)

はっきり言って、残念ながらナルコス メキシコS1は面白くない(Ep5だけは別!)。

コロンビア編の旧シーズン3部作が超大傑作の純度が高い麻薬のような仕上がりだったのに対して、ナルコス メキシコのS1は、かなり物足りない。混ぜ物を加えて増量し、ナルコス純度が薄まった低純度。

スケールダウンした世界観、今までのナルコス臭さがしなくなって、普通以下のギャングものに成り下がってしまった。何と言っても、不安視していたディズニーの香りが立ち込めるキャスティングのミスが目立ち、ナルコス特有の重さが軽くなってしまった所が大きい。ローグワンにしか見えず、大ボスの器ではないディエゴ・ルナ(と言うか、フェリクス・ガジャルドの小物扱いでいいのか問題)、アントマンの印象が強くDEAキャラがハマらないマイケル・ペーニャが空回り。2人以外にも愛すべき魅力的キャタクターの欠落。ナルコスとエル・チャポをつなぐ美味しいパートなのに、非常に勿体無い。

ナルコス メキシコを完走して未見の人は、是非エルチャポのS1〜S3を観て欲しい。あれこそが本当のナルコス メキシコなのだ。