ナルコスの登場人物とゆかいな仲間たち

ナルコスが面白過ぎて、見終わってしまってこれからどうしようかと悩んでいませんか?そんな時、時系列に関係なく、横断的に、境界を超越するカッコイイ悪のカリスマの世界観に浸り続けたい人のためのサイトはこちらです

エル・チャポ シーズン2 Ep1 「第1話」(あらすじ・ネタバレ)


El Chapo - Season 2 | Official Trailer [HD] | Netflix

 

■シーズン2 エピソード1

 

■「第1話」

 

 

 

■あらすじ・ネタバレ(実話・実在・実録)

2001年1月19日。脱獄したエル・チャポは待っていたポヨらに「ついに自由だ、これから盛り返すぞ」と宣言する。チャポの脱獄は洗濯物のカートに隠れての犯行だと伝えるマスコミ。敵対するラモンとベンジャミンのアベンダーニョ兄弟はその報道を驚きをもって見つめていた。チャポは直ちにエル・カノ、ラ・ファミリア・カルテルのナサリオ・モレノ、ゴルフォ・カルテルのラシエル、エル・カノ、フアレス・カルテルのチェンテら、他のカルテルのボスとの会合を開きこう語る。「俺達には共通の敵がいる。アベンダーニョだ。以前の様な連合(ミゲル・アンヘルのグアダラハラ・カルテルのようなという意味)を作って対抗するのだ。一人の下に皆集まってな。」「あんたの下にかい?」と聞かれ、そうだと答えるエルチャポ。各カルテルの代表達に利益と平和、政府との新たな協定を結ぶ事を約束する。
場面は変わって6年前に遡る。メキシコ、アルモロヤ刑務所。チャポは所得隠しをネタに刑務所所長を脅して監視の甘いハリスコ州、プエンテ・グランデ刑務所への移送許可を得る。面会に来ていた手下から看守の買収用の現金を受け取るチャポ。刑務所の所長や看守に対する脅迫、買収の始まりだ。そして、その目は洗濯物を運ぶカートに向いていた。その頃、部下がメキシコ州でチャポの20年の刑を減刑するよう政府関係者のコンラドを買収を試みるも失敗する。
敵対するアベンダーニョ兄弟はレストランで麻薬帝王ミゲル・アンヘルの片腕だったアマドを襲うも取り逃がすという事件が発生。辛うじて逃げてきたアマドに対し、コンラド・ソルは他のカルテルはもう大ボスだと思っていないと告げる。アマドはまた襲撃されたりしないように顔の整形手術を行うが、8時間に及ぶ手術ののち術後の合併症からか心筋梗塞で亡くなってしまう。アマドの死により、ソルはカルテルが独立を始めるだろうと大統領官邸で話し、ソルは密売組織を潰すのではなく、支配する事を提案し、アベンダーニョ兄弟と接触する。
チャポは、政府がアベンダーニョ兄弟と手を組んだ事を知り激高する。買収した看守から手に入れた携帯で部下のイスマエルに連絡する。アベンダーニョが力を持つ前に刑務所から脱獄するから、ソルより大物に手を回せと伝えた。一方、アベンダーニョ兄弟は無謀にも邪魔な公務員4人を殺害する騒ぎを起こす。この事件により、面目を潰されたソルはアベンダーニョ兄弟を排除する方向に動き出すのである。ロサンゼルスではチャポの組織の麻薬取引現場に、アメリカの警察が踏み込み麻薬を押収。アメリカはチャポの引き渡しを要求するがコンラドは難色を示した。

メキシコ政府でも歴史的瞬間が訪れる。制度的労働党は70年以上与党だったのに、選挙で敗れてしまい、野党に転落してしまい政権交代劇が起こる。アメリカへの引き渡しを恐れ、新政府と交渉したかったチャポだったが、新大統領は親米家なのでこのままでは引き渡しは免れない。そう判断したチャポは脱獄を決意するのだった。

 

 

■キャラクター紹介

メイン・キャラクラーの紹介はこちらをチェック↓

www.narcos.site

 

 

■名場面ハイライト(評価・解説・考察)

新シーズンに相応しく、脱獄後のチャポはシナロア・カルテル(チャポは連合と言っている)結成を目指し、各カルテルのボスを一同に会する。また、前世代のボスであるアマドの死が描かれ、ボスが次世代へと引き継がれる。政府側もメキシコの歴史に残る政権交代による大統領交代劇があり、派手な新章開幕となる。