ナルコスの登場人物とゆかいな仲間たち

ナルコスが面白過ぎて、見終わってしまってこれからどうしようかと悩んでいませんか?そんな時、時系列に関係なく、横断的に、境界を超越するカッコイイ悪のカリスマの世界観に浸り続けたい人のためのサイトはこちらです

エル・チャポ シーズン1 Ep6「第6話」(あらすじ・ネタバレ)

 
El Chapo | Temporada 1 | Netflix

 

■シーズン1 エピソード6

 

■「第6話」

 

 

 

■あらすじ・ネタバレ(実話・実在・実録)

メキシコとグアテマラの国境チアパスまで来たチャポ達は厳重な警備の中、車で進んでいく。身分証提示とトランクをチェックされるが、偽造パスポートと髭を剃り落としたおかげで無事国境を抜けた。グアテマラについたチャポは、現地の密売組織のボス、エレリアスを訪ねる。手を組みたいと提案するが、エレリアスの組織の一員になれと言われる。チャポは隣国に荷物(コカイン)があり、手を組めば大金が入ると持ち掛ける。エレリアスは荷物をこっちへ運べたら考えると言った。なんとしても荷物を運ばなくてはいけなくなったチャポは、アマドが待ち伏せしてくると思いながらもやるしかないと決心した。

グアテマラ警察はチャポが立ち寄ったバーで聞き込みを始めた。ソルはブランコ将軍の証拠の事件ファイルのコピーを記者に渡す。その後、自宅の書斎にも書類を隠した。記者は上司に事件ファイルを見せると、大スクープで掲載しようと言われる。記者は記事にするために、過去の関係者の証言を取りにいく。夜にチャポは部下と共にエルサルバドルに荷物を取りに向かった。それを知ったアマドは、チャポが国境に現れたら殺せと部下に命令した。グアテマラとエルサルバドルの国境に到着したチャポ達は検問を抜け、無事にエルサルバドルへ入国した。記者のほうは何人もの過去の関係者に会うも取材出来ずにいたが、やっと一人証言してくれる女性を見つける。その女性は18歳だった当時、話せば家族を殺すと脅されたのにもかかわらず、勇気をもって訴えたが、ブランコ将軍は逮捕されなかった。一方、エルサルバドルのチャポは、荷物が置いてある場所へすぐにはいかず、監視されていると予想してその情報を探っていた。現地の人間を使い怪しまれずに張り込みの人数を探った。そこで見張っていたのはアメリカのDEAだった。それを聞いたチャポはそれでも荷物を取りに行くと決める。その時突然何者かに銃撃される。

その後、滞在先のホテルへ戻ると、エルサルバドル警察が捜索していた。それを見て逃げるチャポ達。記者は、例の記事が明日に掲載されると上司に言われるが、ソルから呼び出される。ソルは記事が掲載されれば自分が疑われる事を心配して国外へ逃げると言う。荷物の回収に失敗したチャポは車を調達して何としてもグアテマラに戻ると決める。戻ったチャポは、ホテルでエレリアスと会う約束だったが、荷物を持ち帰らなかったから懸賞金をいただくと、回りをグアテマラ軍に囲まれてしまう。しかし、150万ドルを渡すと約束し、解放してもらうはずが、現金を渡した後に裏切られて拘束されてしまう。ソルはブランコ将軍のスキャンダルを大統領へ報告する。まだ差し止められると進言し、大統領は直接電話で記事を差し止めさせた。DEAはチャポの麻薬を押収し、軍ではチャポの移送が開始された。

 

 

■キャラクター紹介

メイン・キャラクラーの紹介はこちらをチェック↓

www.narcos.site

 

 

■名場面ハイライト(評価・解説・考察)

チャポの逮捕劇に伴う、エレリアスの裏切り行為。また、ソルによりブランコ将軍失脚作戦が功を成すが、カルテル・政府側の両者とも少々辟易してしまうぐらいの腹黒さのオンパレードを俯瞰した目で観れるのが大変面白い。