ナルコスの登場人物とゆかいな仲間たち

ナルコスが面白過ぎて、見終わってしまってこれからどうしようかと悩んでいませんか?そんな時、時系列に関係なく、横断的に、境界を超越するカッコイイ悪のカリスマの世界観に浸り続けたい人のためのサイトはこちらです

エル・チャポ シーズン1 Ep1 「第1話」(あらすじ・ネタバレ)


El Chapo | Temporada 1 | Netflix 

 

■シーズン1 エピソード1

 

 ■「第1話」

 

 

 

■あらすじ・ネタバレ(実話・実在・実録)

1985年、ホアキン・グスマン、通称「エル・チャポ」は、ゴッド・ファーザーの異名を持つメキシコの麻薬王ミゲル・アンヘル・フェリクス・ガジャルドの所で働いている(1985年メキシコの麻薬密輸はグアダラハラ・カルテルが支配していた)が、重要な職を任されるのでもなく、運転手などの下っ端仕事を命ぜられていた。しかし、野心家のチャポは、麻薬の密輸経路を確保するために、メキシコとアメリカ国境の真下にトンネルの掘削を進めていた。チャポは、大ボスのミゲルにトンネルを使いコカインをアメリカまで密輸する事を打診するが、コロンビア担当はアマドだと言われ、取り合ってはもらえない。

そんな中、チャポは、コロンビア最大の麻薬密売組織の創設者で世界に名を馳せていたパブロ・エスコバルと直接取引をして、コカイン1トンを国境を越え米国まで届ける事を約束する。期限は48時間以内。失敗すれば命はない。麻薬密売組織を率いるヘクター・パルマ、通称グエロと組んだチャポは、麻薬の移動を開始する。この時、チャポの弟ポヨから連絡が入り、父親の危篤を知らされる。同時に、チャポに出し抜かれた事が気に入らないアマドの策略により賄賂で抑えていたはずの警察が麻薬を没収してしまう。

チャポたちは、警察長官宅へ押し入り脅迫して荷物を取り返し、アマドへ暴行を加えた警察長官を届ける。米国の国境付近に近づいた所で、今度はメキシコの麻薬取締局に追跡される。それは、暴行を受けた警察長官の差し金だったが、チャポは麻薬取締局に1千5百万ドルの賄賂を約束して窮地を脱する。用意していたトンネルからトロッコで麻薬を運びだし、期限以内に無事コカインをパブロの倉庫へ届ける事に成功する。
父親の危篤に駆けつけられなかったチャポは、その足で実家へ戻るが、時すでに遅く父親は他界していた。トンネルの場所を秘密にするために、エンジニア以外関わった全ての労働者を殺害したチャポをパブロが労をねぎらう。これが、後に帝国を築くエル・チャポの始まりとなる。

 

 

■キャラクター紹介

メイン・キャラクラーの紹介はこちらをチェック↓ 

www.narcos.site

 

 

■名場面ハイライト(評価・解説・考察)

ナルコスト待望のシリーズ、エル・チャポの記念すべき第1話は、ナルコスのおなじみのキャラクター(アマド、パブロ・エスコバル。)が出てくるので、アガらずにはいられないナルコスバース状態。チャポはパブロに直談判し、メキシコ・アメリカ間の麻薬のスピード輸送を実現したのを機に、徐々に地位を確立していき、シナロア・カルテルのボスにまで上りつめる、ナルコスの地続きの1985年からストーリーが始まる(ミゲル・アンヘルの組織に潜入していたアメリカの覆面捜査官が拉致、拷問の末に殺害された)、成り上がり物語の開幕だ。