ナルコスの登場人物とゆかいな仲間たち

ナルコスが面白過ぎて、見終わってしまってこれからどうしようかと悩んでいませんか?そんな時、時系列に関係なく、横断的に、境界を超越するカッコイイ悪のカリスマやダークヒーローの世界観に浸り続けたい人のためのサイトはこちらです

ナルコス シーズン2 Ep1〜3 まとめ (あらすじ・ネタバレ)


ナルコス<シーズン2>予告編 - Netflix [HD]

 

■シーズン2 エピソード1〜3

 

■Ep1「自由の身 

  Ep2「カンバラッチェ」 

  Ep3「マドリッドからの帰還者」

※このドラマのタイトル「ナルコス」は麻薬密売人を意味する

 

 

 

■あらすじ・ネタバレ(実話・実在・実録)

Ep1「自由の身」

DEA(麻薬取締局)捜査官であるスティーブ・マーフィーとハビエル・ペーニャは、刑務所より脱走した麻薬王パブロ・エスコバルを追うこととなる。パブロはその絶大な権力を盾に彼を発見した軍人たちの前を悠々と通り過ぎて逃げたのだ。麻薬王に間接的にでも弓を引くことの恐ろしさを、彼らは十分に知っているからだ。彼はその後家族のもとへと帰り、そこで態勢を立て直すことが出来るようになるまで身を隠すことにした。その頃、ガビリア大統領は、パブロ特捜隊の任務失敗に対する後始末を行っていた。脱走したパブロが再び麻薬ビジネスを活動させることを恐れた彼は、メデジン全域に軍を配備して牽制している。この時パブロのカルテルは頭目が刑務所行きとなったことで不安定化したため分裂し、それぞれが独立するギャング集団となっていた。これではカルテルの再出発に支障が出ると憂えたパブロは、運転手リモンを雇って町中を秘密裏に奔走して組織をまとめなおすことを決心した。町を駆ける一台の車を止める軍人はいない。何故なら目標としている麻薬王はトランクの中に身を潜めていたからだ。

コロンビアの情勢が混沌のるつぼと化しつつある一方、マーフィーの私生活もまた悪い方向へ転がっていく。麻薬王逮捕という重大な責務を負わされた彼が仕事に没頭し続けることにとうとう愛想を尽かせた妻コニーが、娘を連れてマイアミへ帰ろうとしていたのだ。それを知ったマーフィーは空港に急行するも、そこには彼の妻の姿はなく、ただただ虚しい喧騒が空間を埋めているだけだった。マーフィーのフラストレーションはたまるばかり、居合わせただけの男にストレスを向けるほどに、彼もまた追い詰められていたのだった。

パブロの弁護士からガビリア大統領へ電話を入れるが、サンドバル副大臣が対応する。刑務所での安全を保障してくれるのならば刑務所に戻る準備があると告げようとするが、とりあってもらえなず、電話は切られ、テレビをつけるように言われる。テレビでは、ガビリア大統領が中継しており、パブロ逮捕につながる情報提供者に140万ドルの報奨金が支払われることを全国に流布し、パブロを追い詰めようとする。手段を選ばなくなったガビリアの一手により、パブロの身は大金の詰まった袋同然になった。これまで市民の敵というスタンスを取らずに組織を運営してきたパブロだったが、シーズン1でのコカインによる暴力事件の頻発によって評価が悪化していたことも手伝い、もはや彼にとっての安住の地はメデジンには存在しなくなった。

 

 

Ep2「カンバラッチェ」 

自分を捕まえた者に140万ドルの報奨金を出すと声明したガビリアに対し、パブロは反撃に出た。マスコミのインタビューを受け、安全が保障されればいつでも刑務所に戻るつもりであると表明したのである。また、自分がコロンビアを代表するヒーローであるというPR広告を出すことによって印象操作を開始した。麻薬取締局では新しい人事が発表され、クラウディア・メッシーナがマーフィーとペーニャのボスとして配属されることになった。また、CIAの支部長にはビル・ステックナーが着任した。就任早々、マーフィーは過去の暴行事件のような不祥事を起こしたらすぐにマイアミに送り返すと警告されてしまう。それを知ったペーニャは、マーフィーの必要性を強調した。一方で、キカはマリッツァの始末を考えていた。デ・グレイフ検事総長はフェルナンドと接触して公平な裁判を受ける権利を説き、取引に応じる構えを見せる。
メデジンでは厳戒令が敷かれ、パブロを倒すための基地が作られていた。ピンソン大佐によるホットラインが用意され、マーフィーとペーニャが精査の任務に就く。しかし、印象操作ですっかり英雄となってしまったパブロの情報を市民たちは売ろうとしない。サンドバルが苦情を申し立てると、検事総長はパブロの脱獄幇助の疑いで捜査すると脅すのであった。ピンソン大佐のやり方では、いつまで経ってもパブロを捕まえることができない。業を煮やした麻薬取締組織は、警告を無視して独自で調査を続ける方針を取ることにした。ラクイカは、政府に密告した人物と売春宿に居合わせた全員を殺害する凶行に至る。キカはマリッツァを殺そうと探し回っていたが、リモンは留守を装って彼女を助ける。

パブロの妻のタタはすっかり逃亡生活に疲れてしまい国外に逃げることを提案するが、ガビリアが取引に応じる確信があるとしてそれを拒否した。パブロは、逃亡中のジュディ・モンカダと麻薬製造所を奪回するために奔走していた。しかし、ちょっとした情報からパブロの隠れ家らしき家があることが判明し、捜査が開始される。大々的に捜査したことで近隣住民が騒ぎ、それを聞きつけたパブロ一味は逃亡してしまう。実は、こういう時のためにあらかじめ逃亡用のトンネルが用意されていたのだ。パブロは、逃亡しながらこれまで自分が煮え湯を飲まされてきたことに凄絶な仕返しを計画する。その手始めとして、パブロはメデジン各地に配置されている軍隊を襲撃した。反撃の余地も与えない程の徹底した襲撃であった。これにより、多くの人命が失われることになる。身の危険を感じたマリッツァは、田舎の方へ逃亡を図った。

 

 

Ep3「マドリッドからの帰還者」

ガビリア大統領は、ピンソン大佐を解任してスペイン赴任中のカリージョを呼び戻した。そして、ある任務を依頼する。その内容を知ったパブロは激しく動揺するが、過激過ぎる戦術はマーフィーとペーニャの心も乱れさせていた。その頃、パブロはジュディ・モンカダの居場所を突き止めるために工場の潰しにかかっていた。しかし、ジュディはカリ・カルテルと手を組むために動いており、そのためにパチョのパートナーであるヒルベルトと密会していた。ヒルベルトは、裏の顔を隠すため実業家として活動している遣り手である。彼はパブロとの直接対決を避けるために、ジュディのいる工場を特捜隊に伝えることを企む。
パブロが最も恐れる相手であるカリージョ大佐が特捜隊に復帰した。パブロにそのことを伝えるために大部隊を出動させ、監視係の電話を傍受し発信元の特定に成功した。カリージョ大佐は、そこにあったパブロの絵に放尿して彼を侮蔑する。また、見せしめのために監視係の子供たちを特捜隊に捕まえさせて、その中の一人を殺害してしまった。そして、パブロへの土産だと言って殺した少年の友人ダビドに銃弾を持たせるのであった。一部始終を見ていたペーニャは、ショックを隠すことができない。カリージョの帰還を知ったタタは、政府との交渉が無理であることに気づいていた。このままでは夫が殺されてしまうかもしれないと、タタは不安に駆られる。やがて、カリージョ大佐から銃弾を預かったダビドがパブロを訪ねて来た。カリージョ大佐によって大事な友人が殺されたと訴えるダビドの姿を見て、パブロは一つの計画を思いつくのであった。それを利用して相手に揺さぶりをかけるのである。パブロはバレリアにダビドのインタビューを依頼し、特捜隊から友人が殺されたことを話させる。このことは、国内に報道されることとなった。
一方その頃、ジュディの腹心であるドン・ベルナはペーニャに接触を図っていた。そして、ジュディの工場の場所を密告する。その工場はパブロの手下たちが見張りをしていたが、特捜隊によって制圧された。カリージョ大佐は、手下をプロペラ機に乗せて白状することを迫る。自分たちに協力しなければ、ヘリから突き落とすという無慈悲な作戦だ。これまでにないカリージョ大佐の過激なやり方に耐え切れなくなったマーフィーとペーニャは、精神的に疲れ果ててしまった。マーフィーは妻のコニーに電話をし、ペーニャは酒で憂さ晴らしをするのであった。

 

 

 

■キャラクター紹介

 

 

Ep1「自由の身」

リモン

キャスト:Leynar Gomez
前科のない運転手を探しているとキカに誘われ、組織のドライバーに。

条件として、怪しまれないように女を乗せるといい、

マリッツァを巻き込む(シーズン2)。

 

マリッツァ

キャスト:マルティナ・ガルシア

リモンの幼馴染(シーズン2) 。

 

 

Ep2「カンバラッチェ」 

 「カンバラッチェ」 

アーサー・クロスビー

キャスト:ブレット・カレン

アメリカのコロンビア大使でヌーナンの後任、海軍出身(シーズン2−3)。

 

 

Ep3「マドリッドからの帰還者」

クラウディア・メッシーナ

キャスト:フロレンシア・ロザーノ
マーフィー、ペーニャのボスとして登場し、大佐に伺いを立てつつ、

2人が暴走しないように行動管理をする(シーズン2)。

 

 

 

■名場面ハイライト(評価・解説・考察)

Ep1「自由の身」

政府側のパブロへの完全宣戦布告。パブロの脱獄により、つかの間の平和もなくなってしまった。これまで脅迫や暴力を恐れ、交渉等に歩み寄っていたものの、懸賞金を賭けエパブロ逮捕に踏み切る。全国民を敵に回してしまったパブロはどう打って出るのか、新章開幕。

 

 

Ep2「カンバラッチェ」 

町中のでの容赦ない殺戮。死者、負傷者続出のパブロ逮捕劇は陰惨を極めた。寸前まで追い込めば追い込む程、次の捜査が難しくなり、報復が倍になって帰ってくる戦争状態の中、パブロと妻のタタは、陽気なBGMで静かに踊っている。両シーンの対比の様が秀逸。

 

 

Ep3「マドリッドからの帰還者」

現場復帰したカリージョ大佐の容赦ない見せしめ。パブロへの協力者は、誰が相手でもねじ伏せる。少年を撃ち抜き、銃弾をパブロへの土産に持たせる。が、その事を逆手に取られ、少年にインタビューさせて一部始終を話させる。その後、口を割らない者は飛行中のヘリから突き落とす等、両者一歩も譲らない攻防戦が展開される。