ナルコスの登場人物とゆかいな仲間たち

ナルコスが面白過ぎて、見終わってしまってこれからどうしようかと悩んでいませんか?そんな時、時系列に関係なく、横断的に、境界を超越するカッコイイ悪のカリスマの世界観に浸り続けたい人のためのサイトはこちらです

ナルコス シーズン1 Ep10「いざ、旅立たん」(あらすじ・ネタバレ)

 

 

■シーズン1 エピソード10

 

■「いざ、旅立たん

※このドラマのタイトル「ナルコス」は麻薬密売人を意味する

 

 

 

 ■あらすじ・ネタバレ(実話・実在・実録)

パブロの刑務所での贅沢な暮らしと殺人の事実が報道され、コロンビア国内は騒然としていた。この流れは全てマーフィーとペーニャが想定していた通りであった。しかし、彼らは大使から活動停止を言い渡されており、パブロに対して何のアクションも起こせない。一旦休息を取るために家に帰ろうとしたマーフィーに何者かが襲いかかった。そして、彼はそのまま誘拐されてしまう。それに気づいた妻のコニーはペーニャに相談するが、警察に通報することでマーフィーの身に危険が及ぶことを恐れ、しばらく様子を見るようにアドバイスする。パブロは、自分が殺したモンカダとガレアーノのことが新聞に載っていることに気付いていた。そんな彼を刑務所から移動させる命令が出る。パブロへの脅迫があったため、軍隊を派遣して別の刑務所に一時的に移すという名目であった。しかし、実際に軍隊が到着してもパブロを保護する動きは全く見られなかった。ただ刑務所の周りに軍隊が配置されているだけなのである。

サンドバル副大臣は、パブロと直接対面し、別の刑務所に移動することを拒まれ、ガビリア大統領本人が来るように拒否。その旨をガビリアに伝えるために退室しようとした時、パブロからこの場で電話をするように迫られる。彼は既にその時パブロの人質になっていたのだ。電話でガビリア大統領に自らの危機的状況を伝えたが、それでも特別部隊を送り込むという指令は撤回されなかった。一方、その頃ペーニャは誘拐されたマーフィーに関する手がかりを集めていた。しかし、何の情報も得られず途方に暮れてしまう。とりあえず事件のことを報告するために大使に向かうと、そこにいたのは他でもないマーフィーであった。実は、マーフィーはパチョとの交渉のために誘拐されていたのである。パチョは、バーでポイズンたちを襲撃して殺した時の写真を持っていた。そこには、バーに居合わせたせいで巻き添えになった一般人の姿も写されていた。これが世間に知れ渡ったら、大変なことになってしまう。マーフィーは、その写真の流出元がペーニャなのではないかと疑っていた。
パブロの刑務所では、突入した特別部隊による激しい銃撃戦が繰り広げられていた。サンドヴァル副大臣は、特別部隊に保護されて無事に脱出を果たす。戦いによって刑務所は破壊され組織の人間の多くも殺されてしまったが、パブロはその場を脱出して逃走に成功するのであった。これにより、政府とパブロの新たな戦争が幕を開けた。

 

■キャラクター紹介

ジュディ・モンカダ 

f:id:narcos:20170924170546j:plain

キャスト:クリスティーナ・ウマーナ

夫であるキコが失踪した原因を探るべく、

S2ではパブロと敵対し、孤軍奮闘する(シーズン1-2)。

 

 ■名場面ハイライト(評価・解説・考察)

本エピソードは全てが名場面なので、パブロ脱獄後のマーフィの最後のナレーションで締めたい。「エスコバルは言った、アメリカの檻より、コロンビアの墓がいい。墓の方がいいだと?だったら葬ってやる。」