ナルコスの登場人物とゆかいな仲間たち

ナルコスが面白過ぎて、見終わってしまってこれからどうしようかと悩んでいませんか?そんな時、時系列に関係なく、横断的に、境界を超越するカッコイイ悪のカリスマの世界観に浸り続けたい人のためのサイトはこちらです

ナルコス シーズン3 Ep3「資金洗浄ルート」(あらすじ・ネタバレ)

■シーズン3 エピソード3

 

■「資金洗浄ルート

※このドラマのタイトル「ナルコス」は麻薬密売人を意味する

 

 

 

■あらすじ・ネタバレ(実話・実在・実録)

パッチョがメキシコの麻薬王 空の王者アマドに会う。パッチョの弟アルバロを紹介する。3人でアマドの家へ向かう。ペーニャの語りで資金洗浄の手口が紹介され、カリカルテルを潰す手口は資金洗浄を暴く事だと伝えられる。2人の新人DEA捜査官クリスとダニエルがカリ入りし、地元警察と協力し操作を進める。ペーニャの操作が進み、カリカルテルの資金洗浄係の名前が判明する。名前はフランクリン・フラド。ペーニャが記者のアルバレスに口座管理をしているのがフラドである事を伝え、住所を知りたいと話す。上司は知っているの?と聞かれノーコメントと返す。ペーニャはフラド自宅からフラドを車で追跡。自宅から空港へ行き、パナマ行きを確認すると、ペーニャもそれに続く。ホルヘの部下、エンリケからホルヘに連絡が入り、強制捜査に入るから、会計主任のパロマリを連れ出すように指示を出す。クリスとダニエルはカリカリテルの事務所に令状を持って、踏み込む。ホルヘからもパロマリに電話を入れ、ガサ入れがあるから逃げるように警告するが、パロマリは大事な仕事があると言って相手にしない。ホルヘがパロマリの事務所に到着すると、現金を隠す。迫るDEA捜査官。何とか難を逃れ、大事には至らなかったカリ側だが、成果物としてDEA捜査官に書類を押収されてしまう。クリスとダニエルは事務所に戻り、押収した書類を確認していると、警察側に書類を取り押えられてしまう。さらに、今夜の最終便でボゴタに戻るように指示があったと伝えられ、落胆する2人。警官は組織に買収されており、ハメられていたと気づき、ペーニャに連絡するものの、ペーニャはパナマの圏外で携帯電話が通じない。ボゴタ行きの最終便を待つ2人は、飛行機を待っている時、ダニエルは思い出したようにクリスに語る。チリに赴任していたダニエルは、パロマリにはチリの訛りがあり、チリでしか使わない言葉をしゃべっていたと言う。パロマリがチリ出身なら送還の対象になると話し、最終便でボゴタに戻るのもやめて、現場へ戻る。パナマから戻ったペーニャだったが、フラドがパナマからどこへ向かった見失ってしまう。また、ペーニャに運転手からクリスとダニエルから何度も連絡があったと伝えられ、ペーニャから運転手にフラドの妻がボゴタにいるから、電話を盗聴するように命令を出す。ホルヘは妻のパオラとの約束で、投資家2人とレストランで警備会社設立のための会食をしていた。突然、ダビドが登場し、邪魔をされて話は流れてしまう。警備責任者のコルドバとパロマリは重要な書類を直接届けたいというやりとりをして、2人で車で走らす。そこへ、パロマリを警戒していたクリスとダニエルが2人の車を尾行する。マリアはミゲルを呼び出すと、マンションを与えられ、愛人契約を示されていたミゲルに条件を教えて欲しいと言う。ミゲルはマリアの望む通りにすると返すと、マリアは継母の元にいる息子を取り戻したいと言う。これで2人の愛人契約は合意される。クリスとダニエルが到着した先は、ヒルベルトの隠れ家だった。クリスから報告を受けたペーニャは、夜遅いが、大臣の家を訪問し、ヒルベルトを逮捕したいか確認する。

 

■キャラクター紹介:カリカルテルでの重要人物2人がフィーチャー

 

カリカルテルの資金洗浄係:フランクリン・フラド

f:id:narcos:20170920205528j:plain

キャスト:ミゲル・エンジェル・シルベストレ

容姿はハンサムで5カ国語を操り、妻は金髪美女、優雅な申し分のない暮らし。いわゆる自分は勝ち組だと思っている。

 

カリカルテルの会計主任:ギジェルモ・パロマリ

f:id:narcos:20170920205555j:plain

キャスト:ハビエル・カマラ

おそらく頭はいいものの、回りが見えていないのが玉に傷。家庭内でもゴタツイており、妻は不倫してる。そんなこんなで彼の元から組織のあらゆる重要情報が流出する。それでもお構いなしな、おおらかでマイペースな男。

 

■名場面ハイライト(評価・解説・考察)

ホルヘのパロマリ事務所でのカバーリングディフェンス。名リベロのように最前線から一気にゴール前まで戻る素晴らしい運動量を披露し、見事ゴール前を死守したホルヘ。対するパロマリは警戒心が欠如し過ぎているため、この後さらに大チョンボをやらかす。警備責任者のコルドバとパロマリは尾行の警戒を怠り、DEA捜査官にヒルベルトの隠れ家を教えてしまう。